限られた人生だから、できるだけ楽しむことにしたよ☆
五児母、英語のせんせ、コーチ業、ワクワク感動にアンテナいっぱいはってます(≧▽≦)
★マザーズコーチング★ ★TCSコーチング★詳細は〔PROFILE〕を。

父の日セレクト


女子たちによる父の日プレゼント。
柿ピーディスペンサー。
こどもと楽しむ comments(0) trackbacks(0)
新入り

我が家の新メンバー、「かにくん 」。
結構存在感ある。タロウが弟のようにかわいがって、米が入ってたりおもちゃが入ってたりするので、水換えも結構大変(^^;;
でも、近づくと姿勢を正して緊張してたり、反応があるのでかわいくなってきてしまった。
こどもと楽しむ comments(0) trackbacks(0)
10年。


10年前、初めての自宅出産で
やってきてくれた三女。


にこにこ笑顔にこちらもいっぱい幸せもらっているうちに


あっというまの10年。


変わらぬ笑顔で祝えること。



あたりまえではなく、有難いこと。



お姉ちゃんずデコのケーキ、美味しそう。



生まれてきてくれてありがとう。


こどもと楽しむ comments(0) trackbacks(0)
もういいかい?
もーいーかい?


まあだだよ


もーいーかい?


もーいーよ


どこかなあ?



どこかなあ?




いた!!!


ねーちゃんずの洋服かけコーナーです^^;
こどもと楽しむ comments(0) trackbacks(0)
乗り物エクササイズ!
日曜日にサイクリングに誘ってもらって、
そうか!これならタロウ連れで運動できるo(^▽^)o ということで


朝から二回の洗濯物、掃除機、夕飯のおかず三種を作り、
日焼け対策バッチリして、



いざ出陣\(^o^)/



9:13 出発
9:18 四女お見送り終え保育所出発
要求王子の「でんちゃ要求」にて線路沿いへ。

ここは線路の奥に道があり、タロウにとって乗り物が沢山見られるパラダイス。


収穫は、
トラック10台、
トーマスバス1台、
山陽電車2回



2歳の乗り物王子、山陽電車と阪神電車を瞬時に区別します。
どっちもね、何種類かあって。
興味のない私にとっては、グレー?クリーム色?にオレンジか赤、でも、文字を見るまでどっちがどっちか分からないのですよ。

でも彼、来た途端に


はんちんでんちゃ!

さんようでんちゃ!


て、言います。好奇心と記憶について学んだけど、ほんとそのとおりですね(≧∇≦)


さて、彼の電車ノルマがとりあえず満たされたところで、


9:28 今度はお船を見に海へ。





こ〜んな田舎道なんですが、これまた工事車両にいろいろ会えまして。


みきさーしゃ!
くれーんしゃ!!
ぶるどーざー!!!



と大喜び\(^o^)/

さんすいしゃ

なるものにも会えまして、


たいようこうはつでん、
いっぱいつくってるね



と感想を述べるほどごきげんでした(^^)



そして、海辺にo(^▽^)o





しばし、たそがれまして。

9:45 また、漕ぎ出しました。


お船がいっぱい泊まってるのも見たし

動いてるお船も見たし!

喉が渇いたらお腹にかけてる車の水筒でお茶飲んでね。


そして、最後に、、、





要求し続けたバナナをゲットして、家に戻ったのが

10:11。

約1時間のサイクリングでしたーo(^▽^)o



程よく汗かいていい運動になったかな。
なかなか運動としての時間はとれないけど、これならwin-winかしら?



行ける時はまた行こうね。



しかし、今までまーったく興味なかったのに、なんか乗り物に興味が出てきてしまったような、、、(^^;;


さんすいしゃー!


とか喜んでいた母でしたf^_^;



 
こどもと楽しむ comments(0) trackbacks(0)
何でもないにちようび
なんでもないにちようび。


おさがりを沢山いただいてすっかり乗り物パラダイス\(^o^)/


乗り物王子もごきげんでございました。



次女はアメリカで買ってきたクレイクラフトの本キットにハマっています。



一円玉よりちいさいよ(≧∇≦)

沢山作ってました。



しずかなにちようび。


なんでもないにちようび。


しあわせの時間がゆっくりながれる。


こどもと楽しむ comments(0) trackbacks(0)
ちいさいひととのデート( ^ω^ )
4月からとうとう念願の週一仕事オフゲットo(^▽^)o
いつも一緒にいるのだけど、どうしても夕方からのレッスン、そしてその後スムーズに夕飯といけるように、というところに焦点をあてた時間配分になるので。夕方フリーとなると、気持ちがこんなにゆったりとは!

タロウとの最後の蜜月を楽しむぞぅ(≧∇≦)


といいつつ一カ月半。
とりあえず仕事をこなすのに必死でしたが、今日、長女の塾の面談で街に出がてら、2人デートを楽しみました〜*(^o^)/*




お昼を半分こして食べたり〜。




車の靴をなんと179円でゲット。




ずっとお手てつないで。
いろいろお話して。
くるまの水筒探して。


ちいさいひととのデート。



なんておだやかな、ごきげんな男の子。



この子多分、優しくておだやかなパパになる予感がしたσ^_^;




でもその時の彼の一番大切なひとは私じゃないのだから



限られた今を大事にしよう


大切な宝物にしよう



改めてそう思いました。



やっと見つけたくるまの水筒で一服。
100均グッジョブ(^-^)b


PS
本来の目的やった中3長女の塾の面談。
長女、中3になって初めて、どうしても行きたいと塾へ。
週に一回ながら課題が多くまだ振り回されながらがんばってる様子。
しっかり考えてくれる塾のようで、保護者説明会や面談も頻繁。私が中3夏休みから初めて塾に行きだした時、保護者面談に母はわからんし話すことない、と行かなかったことを思い出した。

お盆の高額の合宿やら年末年始やら、なんか過熱化してるんだね、今どきの高校受験。

塾に入って課題やったら安心なのは受験までちゃうんかな。
私は今まで塾に行かずに自分で考えて学校のテストがんばってきた長女えらいと思うし、これからも課題に追われたり、やらねばという環境を親や塾に整えてもらう以外のやり方で高校受験に自分で考えて向かうことも大事にしてほしいな。

塾ってある意味とても贅沢なことやね。
勉強なんて自分でするものやもんね。

我が子たち、生徒たち、いろんな環境の中で、長女の塾経験通してまたいろいろ考えさせてもらったり、学んだりしています。

 
こどもと楽しむ comments(0) trackbacks(0)
カウントダウン


ひたすら要求を続ける王子の今日のお昼寝要求は「だっこでねゆ」。
重さが腰にずっしりきたけど、顔先5センチで眠りに落ちる瞬間を見守るのももうカウントダウン。

奇跡のひととき、噛みしめよう。
こどもと楽しむ comments(0) trackbacks(0)
小豆島〜♪
家族で初の、小豆島。


行きの船でもらったラムネ、顔がついてた。

umiyon.jpg
きもちいー。
micky.jpg
ホテルのイベントでパパさんがじゃんけんで頂上に立ってゲットした風船ミッキー。

kirekire.jpg
とにかく、空と海がキレイ。

gakko.jpg
「二十四の瞳」のモデルとなった学校へ。


ああ、この雰囲気、たまらん。


学校ごっこ。

nijusi.jpg

長女は読書感想文の本を「二十四の瞳」にしましたとさ。
kirei.jpg
「誰かにプレゼントしたいくらいきれい」という長女の言葉。

gakkkokoko.jpg
映画村は全体が昭和の雰囲気を漂わせて。

kyuushoku.jpg
なつかしの給食セット、850円。(これに冷凍ミカン)

kobutdai.jpg
もはやかわいいとは言えないでっかいコブダイに餌やり。

retoro.jpg
こんな人がいたり。

kouen.jpg
オリーブ公園。炎天下で遊ぶ小学生以下。
sayutaro.jpg
夕陽をバックに。波の音に癒される〜。


JUGEMテーマ:育児
こどもと楽しむ comments(0) trackbacks(0)
敬語?
 omamori.jpg

まじめ次女、6年生。修学旅行前日に

「敬語を練習せないかんねん」

と言い出したので、

「急に、なんで?」と聞いたら、

先生に、修学旅行では宿の人などに敬語できちんと話すこと、と言われたらしい。

「そんなわけだから、今から敬語で話すわ」

と、お風呂タイムに敬語の練習を始めた。

母「じゃあお母さん宿の人やるね、”こんにちは”」

次女「こんにちは♡」

母「学校はどちらなんですか?」

次女「・・・O学校からいらっしゃいました・・・」


ま、まてぃっ!!自分いらっしゃってるやん!!


母「お、お名前は?」

次女「ユメでござる。」


ご、ござるーーーーーー!!!!

あー、笑いました。敬語に力入りすぎやー!!
次女的に、O学校です、(名前)です、とまずはデスをつけてきちんとお返事すればいいんだよ、と伝えたらだいぶほっとしたようでした。そうだね、親にとってはいつまでもかわゆい子でも、来年は中学生、少しずつきちんと対応する言葉を身に着けていかないといけないもんね。

ござる〜に大笑いした修学旅行。
夜中まで布団の中でカラオケ大会して、朝は全員4時起きで陸上ダッシュ!など思い出に残ったようです。

飛び去る毎日でも、子ども一人一人のたった1回の思い出が重なっていくんだなあ。





こどもと楽しむ comments(0) trackbacks(0)
<< | 2/24 | >>