限られた人生だから、できるだけ楽しむことにしたよ☆
五児母、英語のせんせ、コーチ業、挑戦大好き☆ワクワク感動にアンテナいっぱいはってます(≧▽≦)

英検2018
Terakoyaにとって「えいごウィーク」が終わりました。
 
土曜日は、ECCの二次面接。50名以上の幼児〜中3生の生徒が、ネイティブさんと一対一で面接にチャレンジしました。
場数を踏んで慣れているといっても、どきどきする〜と待っていたり、ほっとして出てきたり。
 
こんな風景も11年目ですが、幼児ちゃんたちと中学生が隣同士の部屋だったので、すっかり私の背を抜いてしまった生徒たちと、つい何年か前はこんなだったはず…というまだ「どきどき!」そして「たのちかった〜!」と出てくるちびっこちゃんたちを見ながらなんだか不思議な気持ちがしていました。

 
受験直前でも全員来てくれた中3生たち。
この試験は中3生までなので、最後のこの姿なんだなあとしみじみ。
たいして対策もせずに、実力でみんなとってもいい成績をとってくれましたき

 
感動もさめやらぬうちに、当日、翌日は30名のSTEP英検挑戦者がそれぞれの場所、時間に出陣。
受けると決めてからの1か月。私がレッスン時間以外に特別な時間を設けられるわけではないので、コーチングシステムによる指導。本当にそれぞれ大変やったと思います。それをサポートするおうちの方たちも、本当に感謝。

 
今年は3級、準2級、2級、準1級と英作文あり。17人分の英作文添削をLINEで。
小学生の3級とか、中2生の2級とかの英作文指導はなかなか楽じゃなかったけど。
がんばって何度も送ってきてくれた子は、明らかに書くたびに成長して。

 
最後の方は連日夜中まで添削LINEする始末でしたが💦
新方式で英作文が増えたことで、私は死にかけたけど(笑)、生徒の成長にとっては本当によかったと思いました。

 
とにかくがんばって、力をアップさせた子。
大きな壁を前にがんばりきれず、自分に勝ったり負けたりした子。
 
それぞれにとっての「英検」だったけど

 
私がゴールに設定した
 
「英検受検を通して、何かを学び成長する」
 
という点では、それぞれに、かけがえのない学びをしてくれたと思っています。


​そんななか、次女も自分の中での大きな挑戦を。
​高い壁の推薦入試に挑戦することにし、志望動機などの課題を前に行き詰まったり、どうしていいかわからなくなったり。

​夜中まで次女がどんなことに興味があるのか、ないのか、世の中にはどういう職があるのか、自分はどう社会に貢献したいのか、家庭観はどうか。

 
これも寝不足で死にかけましたがDocomo_kao20


でも、こんな時間こそ、神様からのギフト。
​次女とのかけがえのない時間は本当に幸せな時間でした。
そして、この面接資料に何度も熱心に対応くださる先生。それこそ何十人もいる生徒一人一人にんなにむきあって考えてくださってるんだ…

​そう思ったら、改めて、わが子に愛を向けてくださる方の恩返しとしても、私はできるかぎり精一杯でひとりひとりに英検添削心をえてやろうと思って最後まで限界まで向き合いました矢印上

やりきった、子どもたちの顔。
​なんだかまた、ひとまわり成長して。
​それは、それぞれが少しだけ、自分への信頼度があがった顔。

わいのわいの言いながら

もういやや〜ってべそかきながら

​自分の中の壁をひとつ超えた顔。


わたしには、なによりまぶしく、愛おしく見えるよヤッタv
 
今年は、サポートのお母さんたちの言葉の中にも、フィードバックの質が高い言葉があふれていてそれも何度も感動させてもらった気がする〜。やっぱり、母は偉大ですよ。


チーム☆Terakoya☆今年もあっぱれでしたゆう★
私も今私にできる最大ではむきあった。みんながんばった。
I'm so proud of us!!


​さて、来週はクッキングコンテスト全国大会。
​みんなの想いに感謝があふれるばかり、とにかく、全力でベストを尽くします!
英語DE寺子屋 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://sayuzo.jugem.jp/trackback/1921
<< NEW | TOP | OLD>>