限られた人生だから、できるだけ楽しむことにしたよ☆
五児母、英語のせんせ、コーチ業、挑戦大好き☆ワクワク感動にアンテナいっぱいはってます(≧▽≦)

6回目の正直
​かれこれ11回目の小学校の音楽会でした。


うちの学校では、音楽会の伴奏者は、希望者のオーディションで決まります。

​小6の三女は、そのオーディションに5回、つまり5年間落ち続けた経験があります。
​最後のチャンス、オーディション挑戦者は今まで経験のある常連ばかり、その中で5回落ち続けてもなお最後の挑戦に挑んだ三女。



結構テキトウだけど、いつもごきげんだからいいじゃないか〜ゆう★​」



​という彼女のキャラを初めて覆して、今までになく頑張って練習してオーディションに挑戦、6年目にして初めて、伴奏の座を手にしたのでした。しかも決まった曲が、ちょうど何年かに一度の市全体でも発表する曲にあたり、学校内だけでなく大きなホールでも弾くことになり、さらに、ピアノソロパート入り、というまさかの大抜擢?!



​決して器用でも、コツコツ極めることができるタイプでもない。
でも、あなたのその、狙ったものはねちっこく、ジワジワ攻めて自分のものにするところ、本当にハハとしては尊敬というよりほかないき



選ばれてから今までになく毎日のようにピアノの前に座り、練習をしてきた三女。
​ちゃんとナウシカの映画も鑑賞して、風の谷の世界観をイメージして、自分なりの渾身のソロをめざしてた。


体育館が一瞬静かになって、三女のソロが始まった。

やっぱりちょっと、どきどきしたよ。
そんでちょっと、うるうるしたよ。
ちっちゃかったいーちゃん、大きくなったんやね。



お母さんには、ナウシカの世界が見えたよ。
​今日のこと、一生忘れないよ。
 
子ども観察 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://sayuzo.jugem.jp/trackback/1916
<< NEW | TOP | OLD>>