限られた人生だから、できるだけ楽しむことにしたよ☆
五児母、英語のせんせ、コーチ業、ワクワク感動にアンテナいっぱいはってます(≧▽≦)
★マザーズコーチング★ ★TCSコーチング★詳細は〔PROFILE〕を。

完全燃焼2017夏

ずっとずっと行きたいと思いつつ、仕事・子どもを言い訳にあきらめてきたワークショップ。

英語DEドラマ3日間コースIN東京 に行っちゃったよ!!!

3日間で1時間15分のLION KINGほとんどがお初にお目にかかった皆さんで、最終日にホールで発表!!

スポットライトを浴びて、キャスト気分を味わいました!!

 

 

6年前に2日間コースIN名古屋に初参加してから、何度も何度も行きたいと思ってきたけど、妊娠・出産もあり、行けても一日コースで。

 

今回も、ぎりぎりまであきらめてたけど、本当にたくさんの協力・サポートいただいて、参加を叶えさせてもらいました!!

 

 

3日間は、本当に学生にでも戻ったような気持ちで、朝9時から夜9時くらいまでひたすらサバンナの世界に。そこから、3・4・5号預かってもらっている茨城の実家まで帰り。また朝早く出て…を繰り返し。
​日ごろ運動不足なので、全力で踊ったり走ったりし続けて息切れしたり足つったりしそうだったけど、楽しくて疲れは感じなかった〜〜(≧▽≦)

 

 

このワークショップは本当に、ワークショップという言葉では表しきれない、まったく異色のワクワク体験。

一応、名目上、「英語ミュージカル指導」「英語教育指導」などを参加目的としているのですが、学ばせてもらえるものは本当にあまりにも大きすぎる。
 

 

英語講師としての在り方だけでなく

 


母として 人として

 


自分の人生をどう生きるか

 


人とどう関わり合い、学び合うのか

 


自分は子どもたちに何を伝えたいのか

 


深く深く、考えさせてもらえる、感じとらせてもらえる、心のマグマを刺激してもらえる3日間でした。

 

 

一緒にサバンナ仲間にならせてもらった参加者の皆さんも、英語も、ダンスも、歌も、お人柄も、本当に尊敬きらきら出逢わせていただいて感謝感謝でした…!!


 

 

 

私は、小さいシンバになって、めいっぱい跳んだりはねたりしたよ!!
​どのシーンも、樹になったり星になったり精霊みたいのんなったり、いろんな役割があって、
​今自分が誰に何を届けたいのか、全身全霊考えながらやりきりました。

​1時間15分の最終公演?の間も、着替えや役の入れ替え、全部のシーンでひたすら走り回っていたんだけど、こんなに夢中になる時間を過ごせることって、本当にありがたい!!と思いました。


​終了後、興奮冷めやらぬまま3〜5号連れて新幹線で深夜帰宅。
​寝不足も体力的にも疲れてるはずなんだけど…
翌日も元気にこの分の振替レッスンをハイテンションでしました!!


6年ぶりの参加で、また6年前とは違ったものを受け取ったかもしれない。
​6年前は「楽しい!」「楽しい!!」「楽しい!!!」「私の生徒たちにもこの感動を味わってもらいたい!!」って思ってその年からホールの発表会を始めたけど

今回はまたもっとなんていうか

これからの自分の人生をどういう軸で選択していくか

またそういうものまで考えさせてもらう機会にもなったかもしれない。


​それだけの機会を人に与える仕事ってすごいな!!!

真澄先生改めてほんまにブラボー!!!



​帰ってきて家族みんなでビデオ観て、すっかり家族もライオンキングモード。

実際に観た三女・四女はずっとライオンキングの歌歌ってるし
タロウは「らいねんもとうきょうでおかあさんのげきみたい」ってヤッタv
​都合で3日早く帰ってきていたパパと長女次女も「3人分の家事は激楽やわ〜」とおうちをキレイにして迎えてくれて、ほんまに改めて家族にも感謝感謝でしたハート


​ビデオの中でちびシンバとして跳んだりはねたりする母の姿に長女がひとこと。


​「お母さん本当に子どもみたい!
こうして見てると自分が本当にあの人から出てきたんだろうかと信じられない…」


​って言ってました。

​また忍法子どもに見える術 を使っちまったのか…アセアセ



とにかく!
あ〜〜〜〜〜〜〜楽しかった!!!!!
最強満たされた気分に浸りながら、そして一緒に浸ってくれる家族に大感謝しながら、今年も、教室の方も発表会シーズンが始まるよ!!私は、何を生徒たちに伝えたいのか、私は、何を生徒たちから受け取りたいのか。


全身全霊で、生きるぞ〜!!!

 

 

 

 

 

英語DE寺子屋 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://sayuzo.jugem.jp/trackback/1912
<< NEW | TOP | OLD>>