限られた人生だから、できるだけ楽しむことにしたよ☆
五児母、英語のせんせ、コーチ業、ワクワク感動にアンテナいっぱいはってます(≧▽≦)
★マザーズコーチング★ ★TCSコーチング★詳細は〔PROFILE〕を。

実験!酒粕で豆乳ヨーグルト
豆乳ヨーグルトを自分で作れたらな〜と思って、色々調べ、実験もしたのですが、いよいよ自分の理想に近いお手製豆乳ヨーグルトづくりに成功しました(*^▽^*)
 
まずは、コチラの成分無調整豆乳を箱買い。豆乳は、箱買いストックができるのがありがたい。うちは、おやつも料理も豆乳欠かせないし、むちゃくちゃ助かります。

一回目は、市販の豆乳ヨーグルトを使ってお鍋で増やしたんだけど、それだと毎回豆乳ヨーグルト買わないといけないでしょ。スプーン使って混ぜてたり、お鍋などの調理器具を使うと、その後継ぎ足しするのも乳酸菌だけじゃなくて他の雑菌も増えてしまう恐れがあるとか。あと、発酵の間お鍋をずっと使うとか、すべての鍋がフル稼働しているうちでは不向きで。
 
​色々調べていくうちに、我が家の冷蔵庫にはいつも入っている、これ。

ジャーン!
酒粕ちゃん。これを、開けたての豆乳と殺菌したスプーン、お皿で大匙3ほどしっかりといて。


乳酸菌の栄養になるというので、ハチミツもちょっと入れてみた。大匙1くらいかな。
それをゆっくり箱ごと回して混ぜて、あとは発酵を待つのだけど、ここで大事なのは、
 
「乳酸菌は、生きている」
 
てことらしくて、「乳酸菌への愛」と「信じること」がとっても大事らしい。
 
おいしい、豆乳ヨーグルトになるんだよ(⋈◍>◡<◍)。✧♡」
 
信じてるよ(⋈◍>◡<◍)。✧♡」

​という思いで、ゆっくり回してあげることが大事なんだって。「ほんまかいな」と思ってやってると、失敗するらしい!!
​だから、素直に、「信じているよ」なんて思いながら、回したよ。


それから、40度くらいで5,6時間。が必要らしいのだけど、なんたって一番寒い季節。
ストーブの前か?
お日様の当たるところか?
などと動かしていましたが、全然液体のまま。
鍋でした時は丸2日くらいかかって〜。鍋いるし〜〜。

やっぱり、ヨーグルトメーカーがいるのか!と思ったけど、ふと思い立った!!

​昔母が、電子レンジの中に、熱湯をいれたマグをたくさんおいて、パンを発酵させてたことを。
​一応ミニマリストなので、モノを増やさずやってみたい。そこで、オーブンレンジに、お湯マグ作戦を。

いいけど・・・。

​すぐ冷めるし、結構大変やないか・・・。

やっぱり、ヨーグルトメーカー・・・。

そこで!!
待てよ、オーブンの39度設定っていうのがあるぞ??
焼けちゃうのかな?
でも、あくまで39度やんな??

​えーい!失敗は成功の母!!なんでも挑戦だ!!

​というわけで、オーブン39度設定60分。
しばらくそのまま〜。
振ってみる。
まだチャプンチャプンといったら、もう60分。
​押すだけなので、らくちんです。
あったかい季節なら、そのへんにおいといたらいいんだろうし。

3回くらいやったかな〜。
あいだ、娘がケーキ作りしたので外にだしておいて、焼いた後のあったかくなったオーブンの後のあったかさを利用してそのまま置いておいたり。

​ある時。チャプン!という音が消えて。
キャップを外して匂いをかぐと、


やさしいヨーグルトの香り(⋈◍>◡<◍)。✧♡


乳酸菌ちゃん(⋈◍>◡<◍)。✧♡


グッジョブ(⋈◍>◡<◍)。✧♡

雑菌、添加物、極力理想に近い私の豆乳ヨーグルトちゃん(⋈◍>◡<◍)。✧♡


​こ・れ・を・・・


コチラにかけたかった!
これ、日本のグラノラのように砂糖などかかっていないので、ナッツや木の実などの自然な甘みのみ。


小腹がすいた時のスイートを、これに(⋈◍>◡<◍)。✧♡
 
さすがに、どっちも甘味がないので、安心なジャムなんかをプラスしていただくのがおすすめ。また、このグラノラ結構固いので、ちょっと豆乳ヨーグルトとジャムと混ぜて、少しふやけたところをガシガシ、とよく噛みながらいただくのがよろし。
 
美容と健康に興味ありの長女次女たちにも大好評\(^o^)/
夫もこのなんともいえないまろやかで優しいヨーグルトの味が気に入った様子で。
 
さゆぞう実験に万歳(≧▽≦)
お正月太りも簡単に戻りましたよ〜〜♪
 
ポイントは、

 
愛💛と信じること  かあ〜。

 
子育てと、一緒だなあ〜

 
と、思ったり。

PS
継ぎ足しにも、成功しました!
​キャップをあけて100ccほど出して、その分作った豆乳ヨーグルトを足して、「信じているよ」と思いながらぐるぐる回して、そのまま発酵させて、できあがり💛わたしの乳酸菌ちゃん、グッジョブしてました。
☆おうちごはん☆ comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://sayuzo.jugem.jp/trackback/1880
<< NEW | TOP | OLD>>