限られた人生だから、できるだけ楽しむことにしたよ☆
五児母、英語のせんせ、コーチ業、ワクワク感動にアンテナいっぱいはってます(≧▽≦)
★マザーズコーチング★ ★TCSコーチング★詳細は〔PROFILE〕を。

2017夏・勝利への転換。

 

 

暑いのが、苦手です。
 
かといってクーラーをつけても、やっぱりしんどいのです。
それが続くと、疲れが出て、チャレンジ精神も、前向きな思考も萎んで、ただ毎日をこなすだけの日々になります。

長女を授かった夏、初の地獄のつわりで這うように過ごしてから17年間、夏に負け続けてきました。

今年こそ負けない!と始まるのに、終盤、負け切ってる。
​それを繰り返してきたので、とうとう「夏がこわい…」までいくレベルでした_| ̄|○


心が萎えていくのを、毎年必ずひとつずつとる年のせいや、周りにいる大切な人たちのせいや、そのほかの何かのせいにしたくない。


今年は、コーちゃん視点で夏に勝つ!を夏の目標にしましたよヤッタv


結論。


見事、史上最高の夏になった気がしますききき


​私がやったことは、まず第一に「夏に気持ちがやられていく理由をなるべく明確にし、できるものはとりのぞく」です。

―襪なりはじめの美容院で夏に備える。
​暑すぎて、髪を十分にケアできない。まとめ髪にするので、美容院は秋でいいや、と延ばすことで、ブルー度をあげていた気がする。夏だからこそ、こまめな美容院で気持ちをアップさせる。

夏休みの子どもとのランチをワクワクに変える。
5人分の目が回りそうなスケジュールの中での、大量ランチを視点を変えて、積極的に「楽しむ」へ。かといって、手間なしで、子どもたちの目もキラキラしそうなものに。もう一度やり直したいと思えるくらい楽しいランチタイムを何回も過ごしました(≧▽≦)

人間関係のよどみを、コーチング視点で捉えて一歩アクション。
​暑くて忙しい夏休み。だからこそ、人間関係のよどみ、ぶつかりが起こることもあるかなあと感じます。みんな暑いし、みんなそれぞれの事情で「やられてる」かもしれない。イライラの原因が取り違えられたまま、相手のせいだと思い込んでしまうことも起きてるかもしれない。すべての面で、コーチング視点を加えて人間関係を見て一歩アクションすれば、ほとんどのことは問題にならず笑顔に戻れる。

げ討砲靴できない体験を全力で楽しむ!!
夏休みでも仕事、5人分の子どもスケジュール、暑さ…に負けて弱気になりがち。でも、気持ちをあげるために、夏だからこそを楽しむ!!帰省、ワークショップ参加、ナイトプール、大勢お泊り会!時間的にたくさんは無理でも、もしチャンスがあるならそこを逃さず楽しむ!!

我ながら、ようやった。ええ夏休みやったわ…

​でも、思考でそうしよう思っても、実行までは差が出てしまうもの。今回、思考→実行に成功したのは、

​毎朝10分のふりかえりノートを続けられた

​ことが大きかったのかな。毎日、たくさんの人、ことに感謝を意識したし、今日をより楽しむために、新しくどんなことに挑戦したいか、ブルーになりそうなことを捉えなおしてどう好転させるか、今日一日をどうすごせば120点か、そんな見直しをすることで、意識を行動レベルにもっていけたのかもしれない。


​そして今回「夏に負けないプロジェクト」に挑戦することで、改めて見直しをして、一番大きくありがたかった気づきは…

どうして、17年間私は夏に負け続けてきた、と感じていたか。を明確にしたら、

​「暑さに心身ともにやられて、チャレンジ精神も、前向き思考も持てなくなった」と言っていたのだけど

​実際意識して過ごしてみたら、

そりゃ〜おかーちゃん業、こどものために、とかいいお母さんでいたい、なんて思いがちょっとあったりしちゃったら、そりゃもうほんとに殺人的やないか!!

て、気づいたんです。
​ヨチヨチ歩きのあかちゃんと24時間一緒に過ごすことが大変なのはわかってたけど、小学生や中高生なんだから、自分のことは自分で…なんて思いもあったんやけど

小学生には小学生の
中高生には中高生の

今しかない母との時間っていうものがあるんだよね。

変わらず仕事があるので、PCに向かってる時間も多いのだけど

「おかあさ〜ん」
「おかあさん!」
「おかあさーん」
「おかあちゃん!!」

一日に何度も何度も「お母さん」で中断される。
その瞬間、

「この仕事を今させてくれええ〜〜!!」って気持ちも出るんだけど

​今しかないひとりひとりとの時間 っていう自分の中の目標を意識してるから

「どした?」って手を止めてふりむく。

そんな時間を何度も何度もしていると、当然仕事は思う通りに進まない。
やりたいと思っていたことも、どんどんたまっていく。
​部屋は散らかる。何をしたわけでもないのに疲れている。
​暑い。クーラーもしんどい。みんなそれぞれに暑さにやられてる。

そうかあ〜。
こんな時間が重なっていけば、そりゃ、つかれるよなあ。

私が夏に負けたと思ってきたのは

子どもたちとの今を大事にしたい。
​子どもたちの「おかあさ〜ん」に手を止めてふりむく自分でありたい。

そういう思いがあったからだったんじゃないか。手を止めてふりむいて、時間を使って、自分の仕事は進まなくて、寝不足になって、疲れて。イライラしたり気持ちが萎えた自分を責めて。今年も夏に負けた…って言ってきたのか。


​この夏の最高に素敵な気づきは


負け続けてきたと思っていた私の17年分の夏は、

子どもたちと精一杯向き合ってきた、この上ない勝利の夏たちだったんじゃないか、ということ。


​子どもたちの振り回され、疲れ切ってきた私の17年間の夏。
それこそが、私が積極的に望んだ夏だった。


​最高に幸せな気づきを得た2017年夏に、心から感謝。


PS
写真は、三女とトライした「親子クッキング」。
暑くてしんどいので、「夏野菜いっぱい!暑い夏でも火を使わない♪播州の香りがするトルティア」で一回作ったのに、よくよく課題の紙を読んだら「秋・冬の食材で作る。ガス会社の主催の為、必ず火を使う」とわざわざかいてあったので、やり直し。かぎられた時間で、地元食材を意識してワイワイ言って作りました。

JUGEMテーマ:育児
コーチングライフ comments(0) trackbacks(0)
きょうだいバトルに巻き戻し機能を。

夏休み。

きょうだいバトル、起きていませんか?

 

うちは、起きていますよ♡

 
親子もそうなんですが、きょうだいって、ついつい甘えたり、お互い求めすぎたり、プロセスを省略したりして、ささいなことからけんかになってたりするんですよね。
 
大ゲンカになって母登場ってなると、

 
なんで、こうなったの?
そこで、どうしてそんな風にいった(した)の?
そんな言い方したらいやな気持ちになるでしょ?

 
っていうような言葉が並んでしまう。

​でも、こういう言葉はすでに取り戻しのつかない部分に目がいってることに気づいたんです。


そこで


もういちどするとしたら、そこで何て言えばよかったんだろう?


ってきいてみることにしました。

昨日の例は、

​バスタオルの取り合いで大げんか。
     ↓
​    母登場
     ↓
タロウ​「(姉)ちゃんがひっぱるからや!!」
四女「タロウがむりやりとってくるからや!!」
     ↓
​母「どうしてタロウくんそれをひっぱったの?」
タロウ「(姉)ちゃんといっしょにタオルでしゅしゅぽぽしたかったんや…」
     ↓
​母「しゅしゅぽぽしたかったんや。もう1回やりなおすなら、なんて言えばうまくいくだろう?」

タロウ「(姉)ちゃん、いっしょにタオルでしゅしゅぽぽしたいっていう…」

母「なるほど!そしたら(姉)ちゃんはなんていうかな?」

四女「それやったら、うん!そうしよう!っていう」

母「そうか!それやったら、二人ともなみだだしてけんかしなくてよかったんやね!じゃあ、巻き戻し〜して、やりなおしてみよう!」

 
​かくしてかわゆいチップ&デール、「まきもどし〜〜♪」って戻って

​四女がタオルをまとってうれしそうに歩くところからやりなおし。

タロウが「(姉)ちゃん、そのタオルでいっしょにしゅしゅぽぽしたい!」
四女「いいよ♡」

ということで


しゅしゅしゅしゅぽ〜〜〜♪♪♪

と、それはそれは楽しそうに二人でひたすらしゅしゅぽぽしてはりました♡

きょうだいの年齢や数が多い分、それぞれがまんしたり思い通りにならないこともたくさんあると思うけど、失敗したら、「まきもどし〜」作戦。しばらくみんなでやってみようと思っています(⌒∇⌒)

 
夏休み。
なんでもないところに、学びがいっぱいです。

 

 

JUGEMテーマ:育児

コーチングライフ comments(0) trackbacks(0)
新しい一歩。

コミュニケーションを学ぶ時代がくる  と思っています。


仕事がAI化されていき、すでに、社会の欲する人材も毎年「コミュニケーション能力がある人」と言われています。

人間社会の多くのトラブルが、コミュニケーション能力不足によるものだと言える時代がきているように感じます。

​降りかかってくる人生の困難は必ずあるものだけど、

​そうでもないのに、コミュニケーション能力不足によって困難をわざわざ起こすことはもったいない、と思う。

私はこのことについてどういう切り口で社会に貢献できるかずっと考えてきたけれど

​今、コーチングという切り口で何か役に立てるのかもしれない、と感じて動き始めています。

今日はTCS(トラストコーチングスクール)初開講でした。


この日まで、私はこのテキストを常にどこに行くにも持ち歩き、勉強会に参加し、ひとつひとつの項目を実生活の中でもいろいろな角度から何度も見つめなおしていました。

この学びができるご縁をいただいて、私にできる最善がしたい。


この目の前の私の大切なひとの幸せを、心から望み、後ろからライトで照らしてさしあげたい。

​簡単に答えがでることではないけど

​時間を大切に、想いを全力に、心を傾けて過ごすことのできるこのひとときひとときがありがたく、じわじわと感動する時間になりました。




​人を輝かせることのできる一流の力をつけたい。



それがわたしの今の強い目標なんだと再確認しました。

そしてこれからまちがえなく
 

コミュニケーションを学ぶ時代がくる

これからのこの国に必要なことだと、改めて感じました。 



​この時間が、むちゃくちゃ幸せです。

 

JUGEMテーマ:コーチング

コーチングライフ comments(0) trackbacks(0)
お母さんに、相談してよかった。

中3次女、受験生。


「お母さん!!!」


出かけて帰ってきた矢先から、しゃべりだした。
​いわゆる、思春期女子友だちあるあるの話だ。
次女としては、その行動が理解できず、かなり乱されたご様子。


「そうなんやね」

​あまりのショックで受験生であることなどすっかり忘れているようにしかみえない(笑)興奮っぷり。何を言っても興奮はおさまらなそうだったけど、ふと思って


「なるほどね〜。そりゃ乱されるよね」

と、受け止めつつ

​以前に、コーチング的にはどう捉えてどうとり扱っていくといい方向に転換しやすいか、ということについて私が学んだことがおもしろかったので、次女に話したら彼女も心に留めていたように思えていたので、


​「どう捉えて扱うのがいいんだろう?」


​という話になったところ


​一旦いなくなってから、しばらくして

​「お母さん、こうしてみた!お友達とも話せてめっちゃすっきりした!」

​ってかえってきた(≧▽≦)
「もう、行動にうつしたんや。やるねえ!」というと


うん!愚痴ってるより未来につながる行動した♡あ〜、お母さんに相談してよかった」



​て。
私はね〜。

​ど〜〜〜んな宝石や、お金や、地位や名誉や、イケメンの甘い言葉よりも!!



あなたからのそんな言葉がいちばんうれしいよ



そして、困難に思えたことも、人にフィードバックを求めて、それをしっかり受け止めて、自分で考えて行動を選択して、さらに実行にうつして未来につなげたあなたを心から尊敬し誇りに思うよ。


PS
写真は、「おかあしゃ〜ん、これ♡」とせっせとお花を届けてくれるタロウ。
今日のポエマータロウのあま〜い一言は

​おかあしゃん、うちゅうじんになるくらいすきやで。

とうとうエイリアン👾

 

JUGEMテーマ:コーチング

コーチングライフ comments(0) trackbacks(0)
新しい一歩。
今日から新しい挑戦をスタートします。

​コーチングを学んで、実践して、変化を感じて、こりゃすごいと思って、伝える技術を手に入れたら、学びたいと言ってくれる出逢いがあって、私はとにかく全力で向かった。

そしたらそこに、また深い学び合いが生まれて、気づきがあって、じわじわと広がる波紋にまた驚く日々。

​そんな2か月を重ねながら、ふと心に残った受講者さんの声。


「終わるのがさみしい」


​そんな風に言ってもらえることがまず嬉しかった。私も一緒に学び続けたかった。
​それから、自分の経験から、コーチングは理論を学んですぐに身につくかというと、私の場合は少し時間がかかった。学んだ理論を実践に落として、じっくりじっくり育てて自分のものにしていく。でも、実際そうしていくと、日々驚くほどに実感できる。

​共に学びの時間を重ねた人たちは、私にとって大事な、最高にシアワセになってほしい人たち。
​コーチングは、「なんとかしてあげたい」という気持ちは捨てないといけないので、もちろん、お一人お一人の中に必ずそれを成し遂げるものがあると100%信じたうえで、緩やかでかつ継続可能な、自分だったらあってほしいと望んだ自主的な学びの場のアイディアが生まれた!

​私と、そしてほかならぬ私と共に学んでくださったみんなの熱意から生まれた、まったく他にはない、新しい挑戦。


ごきげんコーチングスキルアップコースき


​それぞれに、あわただしく、毎日に追われそうになっても。
この場所で、自分に向き合い、刺激をもらい、学び、高めていく。


時間や経済的な制約がなくても、学びたい、成長したいという強い意思で、自分の人生にコーチングを携帯させて、人生そのものに、周りに、社会に、じわり、じわりといい影響を与えていく。


​もしそれができたら、私は本当に嬉しい。

​千里の道も一歩から。


PS
​写真は、高校生のテキストにあった言葉が気に入って、書いてみたもの。
「あなたを心から応援しています」

​生徒たちみんなに言いたい。


​私の大事なひとみんなに言いたい。


 

JUGEMテーマ:コーチング

 

コーチングライフ comments(0) trackbacks(0)
私がコミュニケーション能力をつけて手に入れたもの
私がコーチングを学んで手に入れたものは、コミニュケーションスキル。
​コミュンケーションスキルが高くなって手に入れたものは・・・


​なんでもちょろく感じるハート


ていうのが近いのかな?

​たとえばね、前は、疲れてる時って、散らかった服を拾うのも

たまったお皿を片付けるのも

​ごはんをつくるのも


​しんどいなあって思う時があったんだけど、


なんでか、ごきげんパワーのおそろしさなのかもしれないけど、


そういうストレスまで、あんまり感じなくなっちゃったのね。


たぶんそれは、散らかった服を見たら、

​「また〇〇がちらかした」「○○はこんなんで将来大丈夫だろうか」
「何度も言ってるのに母の言葉なんて全然聞かないものだ」
「どうせ注意したって逆切れするんやろ」
​「人間て自己中な生き物やんな。自分は面倒やからって人の時間を平気で使うんやな」

​とか、無意識で色々自分をふきげんにさせるワードが出てきてたんやろね。
挙句の果てに

​「私の一生はこうして家族の心なくちらかした服を拾って過ぎていくんだろうか」
​「家族は私の人生を喰っていくんだ…」

とか、勝手に悲劇のヒロインになって、イライラむかむかかあちゃんになったりしてたんやね。
そういう状態をためてから、子ども達に言うとなると、

「何度言ったらわかるん!?散らかさんといてよ!!」

​みたいな口調に、そりゃなるわね。子どもとしては、最愛の母のその言葉と最高に不機嫌な顔に、めっちゃ嫌な気分になるわね。そして、思春期入ってれば、素直にはあいなんてきけないわね。そんで、逆切れして、プチ修羅場のできあがり。

そんなことを、何度もやっていました。



それが、どう変わったかというと。

​散らかった服を見たら

→拾う。


以上。もしくは


「おちてますよ〜♪」


ていうだけ。

もともと、部屋は10分で片付くようにシステムを整えてあるから、どんなに散らかされても、私の時間は10分しか奪われないわけ。勝手にネガティブの思想さえ育てなければ、それによってブルーな気持ちになってパフォーマンスをさげられることもないんです。


茶碗があれば   →   洗うだけ。
​大量のごはんや洗濯物も   →   つくる、干すだけ。
お弁当は   →   つくるだけ。


ちょろすぎて、なんてことないき

ごきげんパワーほんますごすぎるで。


​今日も、朝から大量の家事しつつ、お友だちのランチとデザート2種、すっきり片付いた部屋で朝からお迎え〜。学びのち、プチランチタイム、のち、子ども達が少しずつ帰ってきて、のち、レッスン2クラス、合間に、子ども会3役の仕事が何度も中断して入り、夕飯、のち、片づけ。


​全然大丈夫。

​一体私は今までどれだけ乱される必要のないことに無駄に心を乱されてきたんだろうとしか思えません。



そんなわけで母は超多忙だけど、とりあえずごきげん。
ごきげん状態で子どもを見ると、5人が5人、とにかくいろんな面から最高に素敵で素晴らしいとしか思えない。

​そのままを認める言葉に自然にあふれてしまうんよね。

​そのせいなのかどうなのかはわからないけど、ムスメタチはどんどん自然体で、そしてどんどん私にも自然に優しく接してくれるような気がする〜。


中3次女による、母へのお弁当(⋈◍>◡<◍)。✧♡
​自分のと姉のと私のと。早起きできた日は、作ってくれるの♡
​早起きできなかった時は、母が作ります。ちょろいから、どっちでも大丈夫。


修学旅行の日にも、母にお弁当を作って行ってくれた♡

​作ってもらって、お弁当のパワーって、あらためてすごいって思った!!
ぱかって開けた時の、あの幸せ感なんなんだろう!?
お弁当全部が「だいすきだよ!!」て自分を認めてくれてるみたい。
​私がお弁当作らせてもらう時は、とにかく喜んでいっぱい愛をこめて作ったろって改めて思わせてもらいました!

​しかも、お手がみつき(⋈◍>◡<◍)。✧♡神か!?


そんでね、昨日は、マザーズコーチングやってたら、試験中で長女が帰ってきて。
​長女は朝私が作ったお弁当を食べてたんだけど、母はお昼まだなんだ〜って言ったら、

「お母さん、なんか作ったるわ」

​ってビーフン作ってくれた〜〜\(^o^)/
おねぎまでかけて(≧▽≦)

​なんか、めっちゃうれしかった(⋈◍>◡<◍)。✧♡

​ほらね、なんか、最高に素晴らしいとか言いたくなってきちゃうでしょ。あんなに勝手にふてくされてみんなのこと悪者扱いしてたのに、同じメンバーのストーリーとは思えない。そして、変わったのは、結局、私のコミュニケーション能力なのか?


​私もまだまだコーチングの可能性を日々発見途上中なんですがね。

​これ、大成したらすごいことになる、てついついそんな風に思えちゃいます。


一応サイトをつくってみました☆
Sayuzo Happy Life こどもとえがおですごす

JUGEMテーマ:育児

コーチングライフ comments(0) trackbacks(0)
イマドキの学び方、働き方

JUGEMテーマ:育児

今日は、マザーズコーチングベーシックを開講しました。

 

 

もう何度目かの開講になりますが、一回一回に学びがあるので、毎回がとても新鮮顔文字


​今回は、遠方の方だったので、スカイプの予定でしたが、直前でスカイプが使えず、スマホのFacetime機能を使って、2時間お互いその場に共に存在しているかのように深い学びの時間をもつことができましたha-to


​昼には次女が学校の行事の関係で帰宅し、一緒にお昼。

​午後は英語力ブラッシュアップのために、スカイプで英会話。


​文明の利器のおかげで、学びたい時に距離や環境であきらめることなく、学ぶことが、叶う。


優れたコンテンツのシェアや、私自身が役に立てるかもしれない機会を広げられる。


異国の地で生活しているたくさんの人ともオンタイムで語り合うことができる。


未だかつてない、可能性にあふれた時代に、改めて感謝矢印


今の時代だからの苦労もあると思う。
​でも、やっぱり今の時代だからこその利点を活かして感謝できたら、幸せやあkyu


​24時間3歳以下の幼児を常にくっつけていた15年間。
​今でも、育児、家事、仕事で基本家をほとんど出られない。



​でも、私は、自由だDocomo118


大事なものを大事にしながら、ご縁のある方とつながって、視点を増やせるチャンスをいただいている。



​子どもたちのたったひとりの母として、私が大事にしたかった、常に自分を成長させていきたいという願いが叶えられる。



いい時代がきた。
​こんな時代に文句言ってる場合じゃない。



めいっぱいめいっぱい、楽しむよ矢印






 

 

 

コーチングライフ comments(0) trackbacks(0)

 

毎年恒例の、お花見にきましたよ。

おうちからみんなで自転車連なって、キコキコこいでいくんです。
自転車とめてから、ちょっと急な坂をみんなで登って
たどり着いたら…

 
桜と海のハーモニーゆう★

 
という、とっても素敵な場所です。
おにぎり食べたり、ブランコ乗ったり、写真撮ったり、お昼寝したり。
 
お花見する時期は毎年この時期、子どもたちの進級や入学、教室の新年度準備
と目が回りそうなほど忙しい時期。やってもやっても終わらない仕事としたい事、
​気になること…毎年この時期は、そんな疲れたキモチを癒しながら桜を見ていた
気がします。

でも・・・


今年は、ちがかった!


しないといけないこと、山盛り。
したいこと、山盛り。
新年度準備、死守してきた週1の平日休みも、今年は断念して平日オフなし。
そのうえ、とうとうやりたかったもうひとつの仕事とその学びもスタートして…
時間的には、今まで以上のムチャぶりやのに!
 
なんだ、この心の豊かさは。

 
もし、これがコーチングを体得しつつあるからだとしたら…
あたしゃ、ほんとに、こいつに出逢って、よかったよニコッ
 
今日、次女に
 
「おかあさんて、ごきげんなひとやな」
 
て言われたよ。毒舌を楽しむ思春期世代なので、真意を待って振り向いたら
 
「ほめ言葉やで」って笑うので
 
「そうやんな、お母さんがふきげんやったら子どもは迷惑やんな」て言ったら
 
「ほんまそれ!そういう大人はほんま困るで」と。
 
コーチングに興味を持ったのはもう随分昔のこと。入門の学びをしたのが約5年前。
そこからまた出産して、バタバタすごして、ようやくやりたい学びをまた本気で
やりだしたのが、昨年末。
そこから約半年。学びに学びつくして、
 
トラスト認定マザーズティーチャー
マザーズプロフェッショナルアンバサダー
TCS認定コーチ
 
という3種の資格もゲットし、早くもプロコーチとしての仕事もちょこちょこ
スタートさせていただいておりますき
 
この仕事は本当に、やればやるほど学びが深く、こちらが関わってくださる方
を尊敬し学ばせていただくことができる仕事であり、感謝感動が深まるという
Sayuzo的に完全にツボなお仕事なのであります。
 
そして、16年間ずっと、育児にがんばるお母さんたちを応援したい、
皆がいい人生を送るお手伝いがしたい、と願ってきた自分の夢に大きな一歩を
踏み出せたというようにも感じていますDocomo_hart
 
忙しくなったにも関わらず、家族に「いつもごきげん♪」って褒めてもらえる
なんて…

 
コーちゃん(コーチングにたった今つけたあだな)、ありがとうheart

 
としか言いようがないわな!
自分でも、たしかに前よりごきげんないいやつになったような気がする〜
でも、言いたいこともがまんしてないし、前より言いたいことはちゃんと
​言ってる気もするニコッ


​帰ってきたら、3月末に受けた試験の合格&認定証が届いてたよ矢印上
一緒に学んだみんなの顔が浮かんだよハート
みんなに会いたいヤッタv

​これから、私の相棒コーちゃんのことも、アップしていきたいと思っています♪
一緒に学んでみたい!という方、多忙のためひと月にお受けできる講座数が
限られていますが、5月生を若干名お受けすることができますので、ご興味が
あればお伝えくださいニコッ
詳細は、ひとまずプロフィール欄に書いてます!
すでに一緒に時間を創った方との宝物の時間、そして、これから時間を創る
​予定を思いうかべてすでにワクワクがとまらないき

​こんなごきげんな先生と、テラコヤのみんなとの11年目の春も、スタートですゆう★

 

 

JUGEMテーマ:育児

コーチングライフ comments(2) trackbacks(0)
| 1/1 |