限られた人生だから、できるだけ楽しむことにしたよ☆
五児母、英語のせんせ、コーチ業、ワクワク感動にアンテナいっぱいはってます(≧▽≦)
★マザーズコーチング★ ★TCSコーチング★詳細は〔PROFILE〕を。

たけのこ
採りたてのタケノコをたくさんいただきまして。
ダンナさんが、すぐにヌカを買ってきてくれて下茹でをその晩に済ませてくれたので、私はその週3種のお料理にタケノコを変身させるだけで、家族みんなでタケノコを堪能しましたヤッタv
初日は、やっぱりこれだよね〜。
タケノコをストレートに楽しみたいよね。
家族全員、ぺろりん。


次の日は、たけのこごはんにしたよゆう★
ニッポン人でよかった〜〜きらきらって一品やね。
写真はないけど、3日目は中華丼の具にいれましたきゃvネコ

私ね、皮つきのたけのこを見ると、母のこと思い出すんです。
皮つきのたけのこなんてね、小さい頃ほとんど見ることなくて。

ある日、どなたかが「採れたので」と、くださって、

​私、あのかった〜い皮ついてるタケノコみて、これ、どうやってあの食べられる形にもっていくんやろ??と思いながら、母に渡したのね。


母は「わあ〜きうれしい」って言って、


なんだか、お鍋でぐつぐつ煮て


​私の知ってるタケノコの顔に変身させて、おかずとして食卓に並べた。


その時私、「すごいな」って心から思ったのね。
​母を一番尊敬!!って思った瞬間って、その時かなっていうくらい覚えてるの。

「これ、食べられるん??」って思うものを、何でもない顔して変身させた。

それが、私にとって「母親業のプロ技」を象徴したものに見えたんよね。


今は、クックパッドとかインターネットですぐに情報手に入るからね。
その時は、自分の中にある知識がすべてだったから。
​子どもが親を尊敬する瞬間ってどこにあるかわからないなあって思います。


​マザーズコーチング、ありがたいことに沢山学びの機会をいただいていますき
​私は自分の使命くらい考えているこの仕事なんやけど、本当に一緒に学べば学ぶほど、お一人お一人から私が学ばせていただくことが多い。毎回、感動と学びにあふれていて、とっても楽しみやし、宝物をたくさんいただいている気持ちですきらきら


​そしてやればやるほど、人間にとって母親の存在が、どれだけ大きいのか。
それは、いくつになっても、どんな場所にいても、よくも、わるくも。
​子どもにとって、お母さんの存在の大きさ。
お母さんの一言。
​お母さんの生きる姿勢。


その、重要さを感じずにいられません。


​こどもとすごす時間は、かぎられたもの。
​このひとときを、大切に、もったいなく、ありがたがって。

​こんな気持ちで過ごさせてもらえることに、感謝ですハート

これぞニッポンのごはんやろ〜顔文字
ワイワイみんなでたべる時間も、限られた大事な時間。

JUGEMテーマ:育児
☆おうちごはん☆ comments(0) trackbacks(0)
5児母なマイニチ。
4歳児〜高2の5児母なマイニチ。


今日は、いつもの中高生に加えて、小学生二人が遠足で、お弁当は4人分。
それぞれ起きる時間がちがうので一応書いておいてもらいます。
(わが家では頼りない母には頼らず基本自分で起きることになっていますが、一応書いておくときゃ〜という時起こしてもらえるかもしれません←早起きの父に)


高2長女はチア部のクライマックス。先輩と最後の舞台なので早朝出で気合入ってます。毛先クルクルとガッチリ固めて仕上げのお手伝い。カワイイ(⋈◍>◡<◍)。✧♡
 
4歳児タロウは、今日は「グリンピースのさやとり」があるらしく、早めの登園。2回分の洗濯物、家じゅうの掃除機、洗い物、レッスン準備高速で済ませ、タロウをばあばにお願いして、長女のクライマックスを観にホールへ。
勉強、部活、やりたいこと。時間のやりくりの狭間で、倒れそうになりながらも、夢中になれる!!を追いかけた長女の舞台。とっても、まぶしかった〜(≧▽≦) 青春ていいねヤッタv

iPhoneImage.png
小学校役員、中学校、高校の部活とクラスも一緒のご縁をいただいた素敵なママと語り合うランチ時間。感謝きらきら
レッスン40分前に帰宅。洗濯物とりこみと子どもたちへの「おかえりノート」、おやつ準備。
満面の笑みで遠足から帰ってきた四女の右上に、春のおみやげがクローバー


空のお弁当をひらくと、お手がみつきゆう★

ここから、小5,6年生ちーむレッスン。
​4月からさらに仕切りなおして、内容もかなりがっつりしてるんだけど、みんな本当にがんばってるし、笑顔もいいヤッタv
ついつい

「ゆう〜しゅう〜〜〜で〜〜〜すヤッタv
 
ていうたわ。ほんまにみんながんばってる(≧▽≦)

​そしてそのあとは、次女含む中3受験生ちーむ。
ちっちゃい頃からいろんな時をずっと一緒にやってきた6人組。いろんな時があったけど、最近特に明るくて楽しそうハートだから、私もみんなとの時間がとっても楽しいきらきら今年一年またどんな成長を見せてくれるのかな。

​レッスン終わったら、三女がうれしそうに大切なハムスターを持ってやってきて、自慢のハムくん(ハムじろう)について語り合い、あそぶ。

タロウの保育所ノートに目を通し、本人にどうやった?ときき

​「ぐりんぴーす、おはしだけでたべたし!」
 
という彼の小さな自尊心を全身で承認。


​お風呂は今日は、次女の日です。もうすぐ修学旅行ということから、ハハの修学旅行ネタの話に。

 
コミュニケーションスキルを学ぶと、人と関わるすべてが輝く。いろんな人と関わる瞬間瞬間が輝いていく。そんな時間が続くと、毎日が輝く。そんな日が続くと、人生が輝くき

 
ってことかあ。

​今日も、目まぐるしくも楽しい一日でしたきらきら
こどもと楽しむ comments(0) trackbacks(0)
たったひとりの母だから。

家族テニスをはじめて、かれこれ1年以上になります。

パパが無料のテニスコートを週に1回とってくれて、おやついっぱい持ってピクニックがてらかる〜く行っています。

大阪への学びやら、役員やら、仕事やらでひさしぶりにテニス参加。
​タロウくんもちっちゃいラケットでちょっとだけさせてあげたりするのですが、一緒に行っていた義姉が


​「あれ、今日タロウくんえらいはりきってるね〜。やっぱりママがいるからかな〜〜!!」と。

 

 

言われてみてみると、たしかにタロウくん、「あとじゅっかいやるで」「もうにじゅっかいやるしな!」と。はりきって向かっています。いつもは、「きょうは、やらんし」とかいってあそんでたりするんだって。

 

色々足りない母ですが、やっぱり子どもにとってはたった一人の、全身全霊かけて愛する存在なんやねハート


​そういえば、男子は小さな恋人とはきいていましたが、大好き、大好きと言ってくれていたムスメタチと比べて、彼の愛情表現の言葉は、深い。


「おかあさん、しぬほどすきやで」


WOWヤッタv
 


「あめりかぐらいすきやで」


アメリカは、形容詞なのね!


「どきどきするくらいすきやで」


どきどきするくらい、がたどたどしいのだ。こっちがどきどきするわ。瞬殺。


「おほしさまになるくらいすきやで」


死んでないか?!


ってな感じで、多様に愛を表現してくれるポエマータロウmoe

わかってるよ、こんなポエマーはすぐに幻になるってこと。

だから、ここには残させてもらうよおいしそう

こちらは、修了式に保育所からいただいたお花。

何色がいいかな〜って選びに行ったら

 

 

「おかあさんは、なにいろがいい?」

 

 

子どもの母を想う心って、本当に純粋で、まなざしや言葉にすべてあふれていて。

 

 

 

だからこそ、たったひとりの母として、かんちがいや不安からまちがった言動を、したくないって改めて強く思った。

 

 

 

たったひとりの母が、あなたに与える影響の大きさを、知ってるから。

 

 

 

限られた一緒に過ごせる時間を悔いなく、自分なりのベストで過ごしたい。



 

 

 

 

世界一愛しいあなたのために。



 

 

 

こどもと楽しむ comments(0) trackbacks(0)

 

毎年恒例の、お花見にきましたよ。

おうちからみんなで自転車連なって、キコキコこいでいくんです。
自転車とめてから、ちょっと急な坂をみんなで登って
たどり着いたら…

 
桜と海のハーモニーゆう★

 
という、とっても素敵な場所です。
おにぎり食べたり、ブランコ乗ったり、写真撮ったり、お昼寝したり。
 
お花見する時期は毎年この時期、子どもたちの進級や入学、教室の新年度準備
と目が回りそうなほど忙しい時期。やってもやっても終わらない仕事としたい事、
​気になること…毎年この時期は、そんな疲れたキモチを癒しながら桜を見ていた
気がします。

でも・・・


今年は、ちがかった!


しないといけないこと、山盛り。
したいこと、山盛り。
新年度準備、死守してきた週1の平日休みも、今年は断念して平日オフなし。
そのうえ、とうとうやりたかったもうひとつの仕事とその学びもスタートして…
時間的には、今まで以上のムチャぶりやのに!
 
なんだ、この心の豊かさは。

 
もし、これがコーチングを体得しつつあるからだとしたら…
あたしゃ、ほんとに、こいつに出逢って、よかったよニコッ
 
今日、次女に
 
「おかあさんて、ごきげんなひとやな」
 
て言われたよ。毒舌を楽しむ思春期世代なので、真意を待って振り向いたら
 
「ほめ言葉やで」って笑うので
 
「そうやんな、お母さんがふきげんやったら子どもは迷惑やんな」て言ったら
 
「ほんまそれ!そういう大人はほんま困るで」と。
 
コーチングに興味を持ったのはもう随分昔のこと。入門の学びをしたのが約5年前。
そこからまた出産して、バタバタすごして、ようやくやりたい学びをまた本気で
やりだしたのが、昨年末。
そこから約半年。学びに学びつくして、
 
トラスト認定マザーズティーチャー
マザーズプロフェッショナルアンバサダー
TCS認定コーチ
 
という3種の資格もゲットし、早くもプロコーチとしての仕事もちょこちょこ
スタートさせていただいておりますき
 
この仕事は本当に、やればやるほど学びが深く、こちらが関わってくださる方
を尊敬し学ばせていただくことができる仕事であり、感謝感動が深まるという
Sayuzo的に完全にツボなお仕事なのであります。
 
そして、16年間ずっと、育児にがんばるお母さんたちを応援したい、
皆がいい人生を送るお手伝いがしたい、と願ってきた自分の夢に大きな一歩を
踏み出せたというようにも感じていますDocomo_hart
 
忙しくなったにも関わらず、家族に「いつもごきげん♪」って褒めてもらえる
なんて…

 
コーちゃん(コーチングにたった今つけたあだな)、ありがとうheart

 
としか言いようがないわな!
自分でも、たしかに前よりごきげんないいやつになったような気がする〜
でも、言いたいこともがまんしてないし、前より言いたいことはちゃんと
​言ってる気もするニコッ


​帰ってきたら、3月末に受けた試験の合格&認定証が届いてたよ矢印上
一緒に学んだみんなの顔が浮かんだよハート
みんなに会いたいヤッタv

​これから、私の相棒コーちゃんのことも、アップしていきたいと思っています♪
一緒に学んでみたい!という方、多忙のためひと月にお受けできる講座数が
限られていますが、5月生を若干名お受けすることができますので、ご興味が
あればお伝えくださいニコッ
詳細は、ひとまずプロフィール欄に書いてます!
すでに一緒に時間を創った方との宝物の時間、そして、これから時間を創る
​予定を思いうかべてすでにワクワクがとまらないき

​こんなごきげんな先生と、テラコヤのみんなとの11年目の春も、スタートですゆう★

 

 

JUGEMテーマ:育児

コーチングライフ comments(2) trackbacks(0)
テラコヤは今日も学びと感動であふれています。

​土曜日に教室の中学生以下の生徒約50名、そして翌日は英検二次受検者14名。
面接☆面接☆面接 ウィークだったわけです。

​面接の練習は、1対1でやらないといけないので、人数がたくさんいると、時間配分が大変。
すべきことと、時間配分と戦った2週間でございました。

 
ECC面接バージョン×50
1対1の面接は、みんなどきどきするけど、「先生とやるのはたのし〜kyu」て言ってくれる子が多い。
いつもはどおーっとカリキュラムをこなすことも多いので、限られた時間でも、じっと1対1で目を見て話を聴いてあげられるので、私も満足感あるし、子どもたちも呼ばれると嬉しそうに来て面接やります。この時、一生懸命きいて応える子どもたちを見るのが私は大好き。本当にひとりひとりかわいくて仕方ない♡愛情がさらに育ってしまう時間なんだろうな〜

 
中学生以上になると、英検もあるし、ほとんど対策は無。
こんな感じのが去年は出たよ、ということだけ口頭で説明し、あとはお任せ。
でも、全員すーーーっごくいい点をとった。そう、それは、すでにすべて実力になっているということ!
充実感の顔で報告してくれるみんながまた誇らしく、さらに愛おしい時間でした。
教室全体のこうしたイベントだと、上の子たちがちいちゃい子のお世話してくれるシーンも見られて、また癒されるし、ええこたちやあ〜ってかわいくなる。

 
英検二次試験バージョン×14
5名2級 8名準2級 1名3級。
3級は、あぶなげなく。ほぼ完ぺきにこたえていく姿に成長を感じ、感動。
準2級&2級。内容が結構深いのよね。
まだまだ人生経験の浅いみんなには、日本語の意味がむずかしかったり、論点がどこにあるのか、自分の意見を述べるのは難しい項目もたくさん。くじけたくなったり、投げ出したくなったり、山あり谷あり。
最後は「直前練習どうしても!」と希望した子のために、一人20分と区切りをつけて、精一杯のご奉仕させてもらいました。時間はかかるけどね、でも、真剣なみんなに向かう時間は、ひとときひとときが感動だよ。

 
そんなひとりひとりに寄り添った2週間でございました。

 
TERAKOYAは、英検は「受かるためにする」のではない。「力をつけるために利用する」。
準2以上の面接では、いろんなトピックや話題が出てくるよね、それについてみんなでいろんな意見を出してみたり考えたり。英語以上の学びをさせてもらってるなあと思うんだ。
 
みるみる成長していくみんなを傍で見られて、本当にありがたいなと思ったよ。
史上最大に重い英検だったけど、史上最大の感動ももらったかなき

 
同時進行で英検以外にも何やらかんやらめちゃハードな日々だったので
 
ちっちゃいクラスで太陽のカードを外したら下に

 
「先生は、たいようのように元気だね」

 
て書いてあったりkyu
(色々めちゃ体力的にハードな時だったので、特にたいようのように元気そうに見えてるなんてよかった〜と嬉しかった)

 
高学年女子たちから、かわいくて美味しい友チョコいっぱいもらったりheart

 
英検二次直前練習に来た生徒のママから
 
「問題がむずかしくてかなりどろ〜んとして最後の練習に行ったのに、30分後に明るい笑顔で帰ってきたよ、教室は本当にオアシスだねき
 

 

てLINEもらったり

 
嬉しいご褒美もいっぱいもらいましたニコッ


 
自分なりのベストを尽くせたことに感謝と充実感かな。
 
結果はすべて、みんなの味方になるねハート


 
JUGEMテーマ:育児
英語DE寺子屋 comments(0) trackbacks(0)
学びで輝く毎日。
iPhoneImage.png

ここ2か月半ほど、ひたすら超機嫌がいい。

年少〜高1の5人の子どもたちの母業は、当然それぞれに色々あるし。
3歳〜17歳の60人の生徒たちとの日々は、レッスン、英検、その他もちろん色々あるし。

毎日は目が回るくらい色々せなあかんことであふれてるけど。


とにかく機嫌がいい。


いいことばっかり起こるわけじゃない。
なんでかなあ〜ってこともちゃんと通常どおり起きてる。


でも、なんか、ブレない。
これが、コーチング・スキルを学んだからだとしたら…



コーチングすごすぎるだろ〜き



それとも私は影響されやすいのか!?


どちらにしても、ずっと勉強したかった学びきらきら

まず、学ばせてもらえている環境に感謝き

今日は、タロウの初・生活発表会。
三匹のこぶた、かわいすぎやろ〜〜。
のち、いつもお世話になってるお義母さんと念願のランチ♪
お話も楽しかったな〜。
帰ってきたら、お友だちからおいしすぎるクッキー♪


コーチングを学んでから、日々のできごとひとつひとつが、楽しくて、愛おしくて、感動で、シアワセな気分になっちゃってるような気がするな〜。


「いいことがおこる」んじゃなくて


「いいことになる」になっちゃってるのかな〜?



やっぱり私は学びが好きだな〜。
どんなに忙しくても、この時間あっての私だな。

母が、先生が、変わると、子どもが変わる。
自分を磨くことが、一番の最重要項目だな。

やっぱり、責任重大だな。



感謝。
つれづれ comments(4) trackbacks(0)
プロとしてガッツポーズ!〜英検その2〜



英検その2。
今年は今までで一番、重かった。
その理由は、受検級の高さ。
幼稚園児と一年生と楽しく遊ぶ子ども英語教室を開いたはずだったのだけど、気づいたら10年。メキメキと力をつけたみんなは、小学生や中1で準2級とか(@_@)中2で2級とか(;´д`)

英検の級を焦るな、と止めたんやけど、やりたいっていう。

悪いことする訳じゃないから、まあ挑戦することで成長することが目的なら、と受理したものの
通常どおりまだまだもうちょいフォローがいる小学生4級5級もたくさんいたから、もっともっと時間をとってみてあげたい気持ちと、家庭の時間もないがしろにできない気持ちとの狭間で、本当にどこまでいけるか心配しだすとやられそうで
重かった〜

コーチングを学んでたおかげで、自分なりのベストは尽くせたと思えるけど、本当にそれぞれの力を信じて託す形になった。

でもその中で、今回これはと思って力入れたこと。


2級の英作文


今年からの新項目。配点も高い。
内容も難しいので、ここはしっかり相手を知り、英作文ライティング指導セミナーに参加し、ピンポイントながらコツを伝授した。リスニングリーディングと違い、自分で添削しにくいので、LINEで添削。最初ボロボロだった英作が、どんどん磨かれてきた。

添削の基準は、最終的には完全には掴めないから、推測でしかないけど、社会的トピックに関してこれだけ英語で論理的に語れる生徒たちをもう最後は尊敬。2級の壁は高くても、やった甲斐は充分あったよねえ!と称えあった。


一次結果。
2級受検者五人全員英作文高得点での合格(*^▽^*)


「お母さんすごいな、あれは有効やったな」

と、次女に褒められました(*^^*)


日本の高校生、真面目なのに、優秀なのに、英作文能力非常に低いらしい。それは、指導者もちゃんと英作文指導ができる人が不足しているからとのこと。
入試や、使える英語としても、英作文能力はとても大事。高校生英語を開講して、今私に特にできることとして大きな目標のひとつが今回の経験で明確になった

さまざまなトピックについて、しっかりと英語で語れる。高い英作文能力。

私にとってすでに愛おしく大切すぎる何とも表現できない存在の高校生たち。残された時間に精一杯のプレゼントをさせてもらいます (*^^*)

次回から準2級と3級にも英作文。えーと言ってたけど、力をつけるチャンス!指導も楽しみになってきたよ。


二次もがんばろ〜o(^o^)o

英語DE寺子屋 comments(0) trackbacks(0)
失敗は、たからもの。〜英検その1〜




英検がありました。

うちの教室では、原則英検挑戦は一年に一回冬に行います。



今年はなんと34人もの勇者が挑戦しましたき

もうね、まずね、それだけでえらい。

毎日の生活でも色々忙しいのにさ。

がんばろう、がんばりたいと決意したみんな、それだけで感動です。



テラコヤ英検は、自立学習型。

通常レッスンは、カリキュラムもいっぱいだし、英検は有志なので受けない子もいるので、英検に関しては、きめ細やかな指導はできません。

取り組むとよいと思われる教材とその順番はシェアしますが、あとは各自取り組んだ結果を伝えてもらい、状況把握したうえで、次の取り組みを決める。

年末年始も、ひたすらLINE返答をし続けました。



高速リプライ技があってよかったヤッタv

この速さは、私の強みです。



年々受検級のレベルがあがり、フォロー人数も増え、おうちフォローをするお母さんたちも、私も、子どもたちも、これまでになくハードな二か月間やったと思う。ちょうどこの時期とリンクして、コーチングを学べたことが非常によかった。
ついつい私が陥りがちな、



「私がこの子たちを合格までもっていかなきゃ」





という、思い上がった感情に惑わされず、子どもたちひとりひとりの今を受け入れ、気持ちに寄り添って、それぞれのペースを応援することができた。



フォローに難航するお母さんたちにも、精一杯心を寄せる努力ができた。



何より、試験当日はすごく問題が難しく、不合格者がいっぱい出てしまってもおかしくないかも、という前代未聞の状態やったけど、ブレることなく、ひとりひとり英検に挑戦した意義があったと思えた。



コーチングを学んでの大きな収穫のひとつは



「失敗はたからもの」




という視点。

頭ではわかっていたけど、心はついていってなかった。

でも、今は心から、そう思う。



失敗を味方につけたら、怖いものがかなり減るよねゆう★

逆に、失敗を恐れて子どもと向き合うと、親として、教師として、大きな間違いを犯す恐れがあると思う。






一次結果、想像以上にたくさん合格者が出た感動。
そして、合格にはならなかった子のこれからこそに宝があること。
今こそ、たからの学びがあるとき。きっとこの経験を宝に変えよう。



テラコヤは今日も、感動にあふれています。



ps
写真は生徒ちゃんにもらったチョコマフィン(*≧∀≦*)かわいくて、おいしくて、シアワセ気分になったあ〜


英語DE寺子屋 comments(0) trackbacks(0)
実験!酒粕で豆乳ヨーグルト
豆乳ヨーグルトを自分で作れたらな〜と思って、色々調べ、実験もしたのですが、いよいよ自分の理想に近いお手製豆乳ヨーグルトづくりに成功しました(*^▽^*)
 
まずは、コチラの成分無調整豆乳を箱買い。豆乳は、箱買いストックができるのがありがたい。うちは、おやつも料理も豆乳欠かせないし、むちゃくちゃ助かります。

一回目は、市販の豆乳ヨーグルトを使ってお鍋で増やしたんだけど、それだと毎回豆乳ヨーグルト買わないといけないでしょ。スプーン使って混ぜてたり、お鍋などの調理器具を使うと、その後継ぎ足しするのも乳酸菌だけじゃなくて他の雑菌も増えてしまう恐れがあるとか。あと、発酵の間お鍋をずっと使うとか、すべての鍋がフル稼働しているうちでは不向きで。
 
​色々調べていくうちに、我が家の冷蔵庫にはいつも入っている、これ。

ジャーン!
酒粕ちゃん。これを、開けたての豆乳と殺菌したスプーン、お皿で大匙3ほどしっかりといて。


乳酸菌の栄養になるというので、ハチミツもちょっと入れてみた。大匙1くらいかな。
それをゆっくり箱ごと回して混ぜて、あとは発酵を待つのだけど、ここで大事なのは、
 
「乳酸菌は、生きている」
 
てことらしくて、「乳酸菌への愛」と「信じること」がとっても大事らしい。
 
おいしい、豆乳ヨーグルトになるんだよ(⋈◍>◡<◍)。✧♡」
 
信じてるよ(⋈◍>◡<◍)。✧♡」

​という思いで、ゆっくり回してあげることが大事なんだって。「ほんまかいな」と思ってやってると、失敗するらしい!!
​だから、素直に、「信じているよ」なんて思いながら、回したよ。


それから、40度くらいで5,6時間。が必要らしいのだけど、なんたって一番寒い季節。
ストーブの前か?
お日様の当たるところか?
などと動かしていましたが、全然液体のまま。
鍋でした時は丸2日くらいかかって〜。鍋いるし〜〜。

やっぱり、ヨーグルトメーカーがいるのか!と思ったけど、ふと思い立った!!

​昔母が、電子レンジの中に、熱湯をいれたマグをたくさんおいて、パンを発酵させてたことを。
​一応ミニマリストなので、モノを増やさずやってみたい。そこで、オーブンレンジに、お湯マグ作戦を。

いいけど・・・。

​すぐ冷めるし、結構大変やないか・・・。

やっぱり、ヨーグルトメーカー・・・。

そこで!!
待てよ、オーブンの39度設定っていうのがあるぞ??
焼けちゃうのかな?
でも、あくまで39度やんな??

​えーい!失敗は成功の母!!なんでも挑戦だ!!

​というわけで、オーブン39度設定60分。
しばらくそのまま〜。
振ってみる。
まだチャプンチャプンといったら、もう60分。
​押すだけなので、らくちんです。
あったかい季節なら、そのへんにおいといたらいいんだろうし。

3回くらいやったかな〜。
あいだ、娘がケーキ作りしたので外にだしておいて、焼いた後のあったかくなったオーブンの後のあったかさを利用してそのまま置いておいたり。

​ある時。チャプン!という音が消えて。
キャップを外して匂いをかぐと、


やさしいヨーグルトの香り(⋈◍>◡<◍)。✧♡


乳酸菌ちゃん(⋈◍>◡<◍)。✧♡


グッジョブ(⋈◍>◡<◍)。✧♡

雑菌、添加物、極力理想に近い私の豆乳ヨーグルトちゃん(⋈◍>◡<◍)。✧♡


​こ・れ・を・・・


コチラにかけたかった!
これ、日本のグラノラのように砂糖などかかっていないので、ナッツや木の実などの自然な甘みのみ。


小腹がすいた時のスイートを、これに(⋈◍>◡<◍)。✧♡
 
さすがに、どっちも甘味がないので、安心なジャムなんかをプラスしていただくのがおすすめ。また、このグラノラ結構固いので、ちょっと豆乳ヨーグルトとジャムと混ぜて、少しふやけたところをガシガシ、とよく噛みながらいただくのがよろし。
 
美容と健康に興味ありの長女次女たちにも大好評\(^o^)/
夫もこのなんともいえないまろやかで優しいヨーグルトの味が気に入った様子で。
 
さゆぞう実験に万歳(≧▽≦)
お正月太りも簡単に戻りましたよ〜〜♪
 
ポイントは、

 
愛💛と信じること  かあ〜。

 
子育てと、一緒だなあ〜

 
と、思ったり。

PS
継ぎ足しにも、成功しました!
​キャップをあけて100ccほど出して、その分作った豆乳ヨーグルトを足して、「信じているよ」と思いながらぐるぐる回して、そのまま発酵させて、できあがり💛わたしの乳酸菌ちゃん、グッジョブしてました。
☆おうちごはん☆ comments(0) trackbacks(0)
今日もひとつの成長を。

JUGEMテーマ:育児

 

昨年の4月。
母と24時間一緒だった3年間に別れを告げ、社会に一歩を踏み出した我が家の第五子タロウ。

 

 

変化を受け入れられず、誰よりも大声で泣き続けた3日間。

 

帰ってからも不安な気持ちを吐き出して、吐き出して、吐き出して。

 

 

4日目の朝。

 

「ばいばい」

 

 

 

 

笑顔で手を放した。
 

 

ほっとした思いと共に
ああ、あの日々は過去になったんだなあ、と。

 

 

春の空を見上げたんだ。




 

 

その日から8か月。

 

一番グズっていたとは信じられない、と言われるほど。

タロウは保育所でいつもごきげん。

何をするのも楽しんで、みんなにもやさしく。

そんなもんか〜と思ってましたが。
 

 

3日前。

保育所に着くと泣き出した。

 

「おうちかえる」

 

 

お正月休みが楽しすぎた??

泣きながら先生にはがされて、まあ、3歩進んで2歩さがる、かと。

 

 

 

翌日。また泣く。何かあった?と聞いても言わない。

 

ただ「おかあしゃんとおうちかえる」と。
 

 

昨日。

 

「きょうは泣かん」

 

と言っていたけど、やっぱり別れ際に号泣。

 

 

「タロウくん。きかせて。なにかいやなことあった?」
 

 

ゆっくり聴くと、
 

 

おともだちにたたかれた、と。


 

 

「たたかれたんや」 うん

 

「いややったんや」 うん

 

「そうか、それでおかあさんとおうちに帰りたかったんや」 うん
 

 

いってくれてありがとうね。

タロウくんのきもちを、いってくれてうれしかったよ。

おともだちをたたかないタロウくんは、だれよりも強い子やとおもう。

お父さんとお母さんの子やから、タロウくんはとっても強い子なんやで。

だから、泣いたり逃げたりするんじゃなくて、そうやってちゃんとまたつたえてね。

おともだちや、先生にもね。

 

 

タロウの一言を

先生は受け止めてくれはって

クラスで「おともだちのきもちになろう」という話し合いが開かれたらしい。
 

 

帰ってきたタロウは
 

 

 

「みんなでおはなしした。○○くんもやさしくなったんやで」と。
 

 

「あしたはぜったい泣かん」といって、ねました。

 

 

今朝。

自慢の母製「阪神電車マフラー」をまとったタロウは
 

 

「ばいばい」
 

 

と、4日ぶりに笑顔で手を放した。

 

子どもは、こうやって、一歩一歩成長する。

小さな階段を、登っていく。
愛おしすぎる小さな背中に

母は何ができるのだろう。
 

 

受け止めて、受け入れて、信じる
 

 

 

しあわせをかみしめながら。

 

子ども観察 comments(0) trackbacks(0)
| 1/186 | >>