高1、中2、小5、小1の4姉妹と、3歳のボクちん。日一日、ごきげんにたいせつに過ごしたい、Sayuzoマイニチ。
実験!酒粕で豆乳ヨーグルト
豆乳ヨーグルトを自分で作れたらな〜と思って、色々調べ、実験もしたのですが、いよいよ自分の理想に近いお手製豆乳ヨーグルトづくりに成功しました(*^▽^*)
 
まずは、コチラの成分無調整豆乳を箱買い。豆乳は、箱買いストックができるのがありがたい。うちは、おやつも料理も豆乳欠かせないし、むちゃくちゃ助かります。

一回目は、市販の豆乳ヨーグルトを使ってお鍋で増やしたんだけど、それだと毎回豆乳ヨーグルト買わないといけないでしょ。スプーン使って混ぜてたり、お鍋などの調理器具を使うと、その後継ぎ足しするのも乳酸菌だけじゃなくて他の雑菌も増えてしまう恐れがあるとか。あと、発酵の間お鍋をずっと使うとか、すべての鍋がフル稼働しているうちでは不向きで。
 
​色々調べていくうちに、我が家の冷蔵庫にはいつも入っている、これ。

ジャーン!
酒粕ちゃん。これを、開けたての豆乳と殺菌したスプーン、お皿で大匙3ほどしっかりといて。


乳酸菌の栄養になるというので、ハチミツもちょっと入れてみた。大匙1くらいかな。
それをゆっくり箱ごと回して混ぜて、あとは発酵を待つのだけど、ここで大事なのは、
 
「乳酸菌は、生きている」
 
てことらしくて、「乳酸菌への愛」と「信じること」がとっても大事らしい。
 
おいしい、豆乳ヨーグルトになるんだよ(⋈◍>◡<◍)。✧♡」
 
信じてるよ(⋈◍>◡<◍)。✧♡」

​という思いで、ゆっくり回してあげることが大事なんだって。「ほんまかいな」と思ってやってると、失敗するらしい!!
​だから、素直に、「信じているよ」なんて思いながら、回したよ。


それから、40度くらいで5,6時間。が必要らしいのだけど、なんたって一番寒い季節。
ストーブの前か?
お日様の当たるところか?
などと動かしていましたが、全然液体のまま。
鍋でした時は丸2日くらいかかって〜。鍋いるし〜〜。

やっぱり、ヨーグルトメーカーがいるのか!と思ったけど、ふと思い立った!!

​昔母が、電子レンジの中に、熱湯をいれたマグをたくさんおいて、パンを発酵させてたことを。
​一応ミニマリストなので、モノを増やさずやってみたい。そこで、オーブンレンジに、お湯マグ作戦を。

いいけど・・・。

​すぐ冷めるし、結構大変やないか・・・。

やっぱり、ヨーグルトメーカー・・・。

そこで!!
待てよ、オーブンの39度設定っていうのがあるぞ??
焼けちゃうのかな?
でも、あくまで39度やんな??

​えーい!失敗は成功の母!!なんでも挑戦だ!!

​というわけで、オーブン39度設定60分。
しばらくそのまま〜。
振ってみる。
まだチャプンチャプンといったら、もう60分。
​押すだけなので、らくちんです。
あったかい季節なら、そのへんにおいといたらいいんだろうし。

3回くらいやったかな〜。
あいだ、娘がケーキ作りしたので外にだしておいて、焼いた後のあったかくなったオーブンの後のあったかさを利用してそのまま置いておいたり。

​ある時。チャプン!という音が消えて。
キャップを外して匂いをかぐと、


やさしいヨーグルトの香り(⋈◍>◡<◍)。✧♡


乳酸菌ちゃん(⋈◍>◡<◍)。✧♡


グッジョブ(⋈◍>◡<◍)。✧♡

雑菌、添加物、極力理想に近い私の豆乳ヨーグルトちゃん(⋈◍>◡<◍)。✧♡


​こ・れ・を・・・


コチラにかけたかった!
これ、日本のグラノラのように砂糖などかかっていないので、ナッツや木の実などの自然な甘みのみ。


小腹がすいた時のスイートを、これに(⋈◍>◡<◍)。✧♡
 
さすがに、どっちも甘味がないので、安心なジャムなんかをプラスしていただくのがおすすめ。また、このグラノラ結構固いので、ちょっと豆乳ヨーグルトとジャムと混ぜて、少しふやけたところをガシガシ、とよく噛みながらいただくのがよろし。
 
美容と健康に興味ありの長女次女たちにも大好評\(^o^)/
夫もこのなんともいえないまろやかで優しいヨーグルトの味が気に入った様子で。
 
さゆぞう実験に万歳(≧▽≦)
お正月太りも簡単に戻りましたよ〜〜♪
 
ポイントは、

 
愛💛と信じること  かあ〜。

 
子育てと、一緒だなあ〜

 
と、思ったり。

PS
継ぎ足しにも、成功しました!
​キャップをあけて100ccほど出して、その分作った豆乳ヨーグルトを足して、「信じているよ」と思いながらぐるぐる回して、そのまま発酵させて、できあがり💛わたしの乳酸菌ちゃん、グッジョブしてました。
☆おうちごはん☆ comments(0) trackbacks(0)
今日もひとつの成長を。

JUGEMテーマ:育児

 

昨年の4月。
母と24時間一緒だった3年間に別れを告げ、社会に一歩を踏み出した我が家の第五子タロウ。

 

 

変化を受け入れられず、誰よりも大声で泣き続けた3日間。

 

帰ってからも不安な気持ちを吐き出して、吐き出して、吐き出して。

 

 

4日目の朝。

 

「ばいばい」

 

 

 

 

笑顔で手を放した。
 

 

ほっとした思いと共に
ああ、あの日々は過去になったんだなあ、と。

 

 

春の空を見上げたんだ。




 

 

その日から8か月。

 

一番グズっていたとは信じられない、と言われるほど。

タロウは保育所でいつもごきげん。

何をするのも楽しんで、みんなにもやさしく。

そんなもんか〜と思ってましたが。
 

 

3日前。

保育所に着くと泣き出した。

 

「おうちかえる」

 

 

お正月休みが楽しすぎた??

泣きながら先生にはがされて、まあ、3歩進んで2歩さがる、かと。

 

 

 

翌日。また泣く。何かあった?と聞いても言わない。

 

ただ「おかあしゃんとおうちかえる」と。
 

 

昨日。

 

「きょうは泣かん」

 

と言っていたけど、やっぱり別れ際に号泣。

 

 

「タロウくん。きかせて。なにかいやなことあった?」
 

 

ゆっくり聴くと、
 

 

おともだちにたたかれた、と。


 

 

「たたかれたんや」 うん

 

「いややったんや」 うん

 

「そうか、それでおかあさんとおうちに帰りたかったんや」 うん
 

 

いってくれてありがとうね。

タロウくんのきもちを、いってくれてうれしかったよ。

おともだちをたたかないタロウくんは、だれよりも強い子やとおもう。

お父さんとお母さんの子やから、タロウくんはとっても強い子なんやで。

だから、泣いたり逃げたりするんじゃなくて、そうやってちゃんとまたつたえてね。

おともだちや、先生にもね。

 

 

タロウの一言を

先生は受け止めてくれはって

クラスで「おともだちのきもちになろう」という話し合いが開かれたらしい。
 

 

帰ってきたタロウは
 

 

 

「みんなでおはなしした。○○くんもやさしくなったんやで」と。
 

 

「あしたはぜったい泣かん」といって、ねました。

 

 

今朝。

自慢の母製「阪神電車マフラー」をまとったタロウは
 

 

「ばいばい」
 

 

と、4日ぶりに笑顔で手を放した。

 

子どもは、こうやって、一歩一歩成長する。

小さな階段を、登っていく。
愛おしすぎる小さな背中に

母は何ができるのだろう。
 

 

受け止めて、受け入れて、信じる
 

 

 

しあわせをかみしめながら。

 

子ども観察 comments(0) trackbacks(0)
あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

年の始めに、改めて時間を作って新年を見据えたいと思います。

 


最近の私の一番の想いは、「余命を楽しむ」です。
余命を言い渡されたわけじゃないのですがね。思うのです。このスピードで毎日が過ぎて行ったら、寿命まで生ききることができたとしても、絶対にあっという間なんだ、と。
ちょっと前までは、これが終われば楽になるとか、いつになればとかいう思いもありましたが、5児の母かつ自分の特質に気付いた今、そんな考えは捨てました。

健康であればきっと、いつまでも忙しいでしょう。

忙しいことに、あきらめました。限られた余命を、悩んだり憂いたりすることに使う時間はもったいない。だから、どんなにバタバタしていても、心は亡くさず、のほほんと楽しいこと見つけて、生きていく。するべきことを、できる中でやって、小さな熱意をもち、感謝にあふれ、いっぱい感動して生きていく。


今年もきっと、1000本ノックのような毎日だと思うけど。
大事なこと、見落とさず。
時に、しっかりここでも振り返って。
感謝にあふれて。
一日一日を大切に。

のようにキラキラしながら、生きるき


心を込めて。
2017年、スタートです…!
つれづれ comments(0) trackbacks(0)
2015,2016年ふりかえり

このブログも開設して10年が経ち、スタート時から毎年してきた、年末ふりかえりと年始の投稿。

それさえする心のゆとりがなかったのが、昨年末だったようです。

今日は、2年分のふりかえりをしたいと思います。



 

 

2015年、確かに大きな変化があったのかなと思います。
教室の規模が大きくなり、仕事の幅が広がり、楽しくも多忙になりました。
5人の子どもたちは、性別、年齢、環境がそれぞれ異なり、母としての仕事の幅も広がりました。
私自身、40歳という節目を迎えました。


日々日々あっという間に過ぎていくけれど、じわじわと環境は変わり続け、大きな変化になっていく。気づけば、心も身体もついていけない部分が出てきたように思います。生活ペースや働き方を見直さなければならないとわかっていても、そのための時間を避けず、毎日に追われ、心のゆとりを失うこともありました。


2015年は、まず第一に、思春期に入ったムスメタチ、初めての受験生の母という未知なる仕事について、向き合おうと思いました。初めて母になった時も、超喘息・アレルギー児だとわかった時も、子どもにとって最良だと思える子ども時代について考えた時も、最初は時間を割いてどの道を選択するか学びました。思春期や、受験生母も一緒です。新人だから、未熟で当然。でも、母業だけは何があってもあきらめない。だから、真剣に学んで、向き合いました。


2016年は、とにかく子どもたち一人一人の「今」を大切にチャンスがあれば必ず逃さずに抱きしめながら、自分のこれからの道、ワークライフバランス、使命を考えていこうと意識しました。実際には、保育所、小学生、中学生、高校生という4種の学校イベントと母業、仕事にかなりの時間がかかり、未来のことを考える時間をとることは簡単ではありませんが…意識だけは、持つようにしました。


未来のことを考える一歩として、1月後半から、本気で家の片づけについて考えました。

家じゅうの収納や持ち物を見直し、大家族なりのミニマリストをめざして情報を収集、1日に15分ずつでいいから使いやすく動きやすい家について時間を使うことにしました。
人数を考えても、モノは意識しないと大変なことになる!!
とにかく、できるかぎり、減らしました。そして、我が家にモノが入る時に気をつけるようにしました。
毎日掃除をしても、散らかす勢力は強力ではありますが、本気を出せば10分あれば元に戻る部屋にはなったと思っています。

毎日散らかるけど、毎日キレイになるき

そのことで、心のゆとりと、自分のことや家族のことに使う時間が捻出できました。


仕事については、ワークライフバランス的に悩むこともありました。やりがいはあり、また生徒たちは言葉で表せないほど愛おしい。でも、家族との時間を大きく使うことが苦しくもありました。簡単に解決することではありませんが、10月の10周年発表会やサプライズで生徒たちが祝ってくれたこと、会社主催での10周年祝賀会などで、10年続けてきたことの重みを感じました。


家庭と仕事で人生の大半の時間を使うことは承知の上で、とにかくチャンスがあったら掴んで楽しむぞ!!と決めています。忙しさを理由に、楽しみをあきらめません!楽しそうなことは、喜んで飛びついて、楽しみつくします!!
今は、月に1回の歌って社会を照らす「ハピネス☆ぷらす」の活動や、美容と健康を保つ?運動タイム、笑顔になるランチ会などを大事な時間に考えています。


年末からは、今まで本気でやりたかった学びをじわじわと始めました。
とにかく小さな小さな一歩でも、歩んでいく。私にできる形で、社会に貢献できるように。社会を照らせるように。


もがきながら走り続けた2年間。
足りない自分ながら、そばにいつづけてくれた友達、家族。
本当に本当に感謝の想いしかありません。
色々な形で自分を成長させてくれた、楽しいだけじゃない経験にも感謝感謝です。


子どもたちには、完璧じゃなくていい、不器用な部分があっていい。
足りないところがあったっていい。
すべてを含めて、本当に愛おしく、最高だと言いたい。
本当に、生まれてきてくれてありがとう。


2015年、2016年。
2年分に感謝を込めて。
つれづれ comments(0) trackbacks(0)
大晦日

JUGEMテーマ:育児

家族みんなで、大そうじ中。
紅白にかける思いの強さから、気合とテンションがMAXになってる次女のスピード感やばい。
長女や三女もがんばってると思うけど、次女の超人ぶりには母すらも追いつかず。
掃除に、おせち準備に、大活躍でしたわ…

 

ミニマムズも、一応やったよ。

おもちゃやご本を出して、ふいて、棚もふいて、戻して。
四女の働きはやはり、「ざつで超早い」。
何を頼んでも、すぐに終わります。精度はまだまだですが…

 

恒例の大晦日のおもちづくり。

5合もち米洗ってさあやるぞ!とホームベーカリーのもち用の羽根を探したら、ない!!
あきらめて、お昼はおはぎに。
いっぱいできたのでご近所さんにも配って。
できたてのあったかおはぎは、おいしかった〜〜。
家族と重ねるこんな時間は、まぶしいくらい愛しい、たからもの。
こどもと楽しむ comments(0) trackbacks(0)
ダブルパーティー(*≧∀≦*)

本日、ダブルパーティ。1階子ども部屋では、長女が中学時代の友達5人で鍋パーティ。

2階リビングでは母赤カレ心友たちと恒例年末ビタミン会。

 

はりきってお料理を作る四女&タロウ。

大きくなってきた子どもたちの出入りもはげしいので、さっと手に取って食べられるフィンガーフードをたくさんつくりましたよ(≧▽≦)まずは、簡単プチパイ。ありがとう、冷凍パイシート☆

水菜・海藻・お豆・パプリカの普通のサラダをクリアカップに。

うずらの卵を飾ってかわいく(≧▽≦)

クリパで作ったパーティピンチョス。

こちらは最初から最後まで次女が作りました。

卵なしカニかま&笹かまバージョンもあります(≧▽≦)

こちらもクリパでも作ったシューマイの皮カップのアボガドサーモンオードブル。
シューマイの皮は三女がきれいに並べて全部焼いてくれました(≧▽≦)

 

長女の大好物の我が家の定番「鶏むね肉のトマト麹焼き」

少量ずつカップにいれてとりやすく。

タコのブルスケッタ〜。お腹の様子に合わせてどんどん作り足せます!

そこにYちゃんがやってきて〜エビ春巻き〜〜(≧▽≦)

何個でも食べたくなる〜〜〜アボガドサーモン生春巻き〜〜〜(≧▽≦)

マクロビプチカップケーキ(⋈◍>◡<◍)。✧♡

卵乳なしカップケーキに豆乳ホイップで。

この小ささ、軽さが大好評でどんどんいけちゃう☆

次女が売れ行きを見てすぐに再度追加で焼きました。
合計60個、ぺろりと完売〜〜〜。

これやってみたかった〜
彩りプチ海苔巻き(⋈◍>◡<◍)。✧♡
たくあん、明太子、梅しそ、シラス昆布、海苔など。
気軽につまんでぽいっと。見た目がかわいすぎ(≧▽≦)


いつものぶどうゼリーをプチクリアカップでたくさん作る。
アロエとナタデココどっちもいれた(≧▽≦)
ちょっと飾りでかわいく(⋈◍>◡<◍)。✧♡

すごい、あたし!!
ケータリングサービスできるかも?!←自画自賛
これにあったかい野菜とお豆たっぷりの豆乳スープがつきました(≧▽≦)
今はクックパッドとかで色々アイディアも学べるから、いいよね〜(⋈◍>◡<◍)。✧♡
笑顔いっぱい、おなかもこころもいっぱいの幸せ時間になりました。
友だちはもちろん、ムスメタチも喜んでたし、友だちムスメちゃんたちも
「かわいい(≧▽≦)」
て喜んでくれた〜〜
日常ごはんは、スピード・栄養・量! って感じになっちゃうけど
こういう時は、別角度から料理を楽しんで
笑顔の魔法をかけちゃうよ〜〜〜(⋈◍>◡<◍)。✧♡
☆おうちごはん☆ comments(0) trackbacks(0)
おうちクリパ2016

Merry Xmas🌟🌟🌟
6時過ぎに帰宅してからの即席パーティー
ミニマムズの出し物、脚本 演出 主演 音響 照明すべて四女、助演 タロウ
くりすます というミュージカルでした🌟笑った〜
<メニュー記録>...
ローストチキン
水菜とワカメと生ハムのサラダ
パンプキンスープ
クラムチャウダー
クリスマスカラーのパーティーピンチョス
アボガドとサーモンのシューマイ皮カップ
タコとオリーブオイルのクラッカーのせ
マクロビケーキ🎂

フィンガーフードという名前を初めて知った〜
指でつまめるメニュー、なんかウキウキする🌟

食べるの大好き、楽しむの大好き7人組と一匹だからこういう時は超団結。

メリークリスマス🎁

 

☆おうちごはん☆ comments(0) trackbacks(0)
サンタは偉大だ。

Present from Santa!(◎_◎;)
ベールを開けると、いつもの水槽がハムハウスに‼️四姉妹の絶叫が響くクリスマスの朝。
サンタのクオリティの高さに驚きを隠せないぜ

JUGEMテーマ:育児

こどもと楽しむ comments(0) trackbacks(0)
今年もよう働きました。

クリパレッスン8連荘終了
みんなの笑顔がご褒美だな〜

今年もよう働きました。自分に拍手。

らぶ仲間たち、そして家族に感謝ハート

英語DE寺子屋 comments(0) trackbacks(0)
おもたせ。

三女四女のクリパにお持たせのプチパイできた〜😆

☆おうちごはん☆ comments(0) trackbacks(0)
| 1/186 | >>