限られた人生だから、できるだけ楽しむことにしたよ☆
五児母、英語のせんせ、コーチ業、ワクワク感動にアンテナいっぱいはってます(≧▽≦)
★マザーズコーチング★ ★TCSコーチング★詳細は〔PROFILE〕を。

小学生、振替休日の過ごしかた

運動会の振替休日。


長女、次女が小学生だった頃の振替休日と言えば、パパが休みとれればどこかにお出かけに行ったりもしたかなあと思いますが、色々事情が変わってきて、振替休日といってもどこかに連れて行けるわけではありません。

​いろんな学校の子が来てるし、レッスンも休みにするわけにいかなくて〜…

​2年生の四女は、お友達と一緒に水族館に連れて行っていただくことなったのですが、6年生の三女は…

母がどこか連れて行ってあげられたらいいんだけど、月曜日は母も1週間分のレッスン準備やらでてんてこ舞いなのだアセアセ


​そ  こ  でハート


​今、地域で中学2年生はトライやる・ウィーク。

​保育所でも生徒ちゃんがいたり、ここかしこで、中学生が職場体験をしています。


​生徒ちゃんにも、「先生のとこではトライやる受け付けてくれへんの〜?」って言ってくれたし三女とも「トライやるええやん!楽しいんちゃうん?」とも盛り上がったので、


三女となんちゃって・トライやる☆


そんな視点で自分の一日を見直してみると…

レッスン準備はわかりやすいけど、
保育所送りから買い物、
次女に頼まれた学校説明会申し込み、
​仕事関係の経費関連連絡、
 

と思いきや

​梅ジュース仕込みと豆乳ヨーグルト仕込み、

洗濯物は3回干して、
今日は漂白ものをいっぱいがんばって、
夕飯セットして、
家じゅうキレイさっぱりにして、

すごいトライやるだなあ〜き
トライやるちゃん、大活躍だねきらきら

トライやるごっこという名前にだまされてだた単にスーパー手伝わされた感を感じそうな三女のリクエストにお応えして

シーフードのトマトクリームパスタに、バゲットのランチ♪


​買い物の時に三女が選んだ和風ミルクレープをカフェ風にして♪

大きな窓を開けて風を通して、5月の爽やかな風の中で二人でごろごろしたわさ(≧▽≦)


「ああ〜、ぜいたくやなあ〜〜」


​と、三女。
長女次女が小、幼稚園に行って、四女がまだ生まれる前、三女とこうして毎日カフェランチしてたなあ〜って思い出した。
もう、6年生になったんだね。
本当にバイト代あげたいくらい、お手伝いも上手になっちゃったんだね。

​にししって笑うその顔は、全然変わってないけどねっヤッタv


なんでもない振替休日。
​たくさん仕事も片づけさせてもらいながら。



成長を、感じながら。



JUGEMテーマ:育児
こどもと楽しむ comments(0) trackbacks(0)
私がコミュニケーション能力をつけて手に入れたもの
私がコーチングを学んで手に入れたものは、コミニュケーションスキル。
​コミュンケーションスキルが高くなって手に入れたものは・・・


​なんでもちょろく感じるハート


ていうのが近いのかな?

​たとえばね、前は、疲れてる時って、散らかった服を拾うのも

たまったお皿を片付けるのも

​ごはんをつくるのも


​しんどいなあって思う時があったんだけど、


なんでか、ごきげんパワーのおそろしさなのかもしれないけど、


そういうストレスまで、あんまり感じなくなっちゃったのね。


たぶんそれは、散らかった服を見たら、

​「また〇〇がちらかした」「○○はこんなんで将来大丈夫だろうか」
「何度も言ってるのに母の言葉なんて全然聞かないものだ」
「どうせ注意したって逆切れするんやろ」
​「人間て自己中な生き物やんな。自分は面倒やからって人の時間を平気で使うんやな」

​とか、無意識で色々自分をふきげんにさせるワードが出てきてたんやろね。
挙句の果てに

​「私の一生はこうして家族の心なくちらかした服を拾って過ぎていくんだろうか」
​「家族は私の人生を喰っていくんだ…」

とか、勝手に悲劇のヒロインになって、イライラむかむかかあちゃんになったりしてたんやね。
そういう状態をためてから、子ども達に言うとなると、

「何度言ったらわかるん!?散らかさんといてよ!!」

​みたいな口調に、そりゃなるわね。子どもとしては、最愛の母のその言葉と最高に不機嫌な顔に、めっちゃ嫌な気分になるわね。そして、思春期入ってれば、素直にはあいなんてきけないわね。そんで、逆切れして、プチ修羅場のできあがり。

そんなことを、何度もやっていました。



それが、どう変わったかというと。

​散らかった服を見たら

→拾う。


以上。もしくは


「おちてますよ〜♪」


ていうだけ。

もともと、部屋は10分で片付くようにシステムを整えてあるから、どんなに散らかされても、私の時間は10分しか奪われないわけ。勝手にネガティブの思想さえ育てなければ、それによってブルーな気持ちになってパフォーマンスをさげられることもないんです。


茶碗があれば   →   洗うだけ。
​大量のごはんや洗濯物も   →   つくる、干すだけ。
お弁当は   →   つくるだけ。


ちょろすぎて、なんてことないき

ごきげんパワーほんますごすぎるで。


​今日も、朝から大量の家事しつつ、お友だちのランチとデザート2種、すっきり片付いた部屋で朝からお迎え〜。学びのち、プチランチタイム、のち、子ども達が少しずつ帰ってきて、のち、レッスン2クラス、合間に、子ども会3役の仕事が何度も中断して入り、夕飯、のち、片づけ。


​全然大丈夫。

​一体私は今までどれだけ乱される必要のないことに無駄に心を乱されてきたんだろうとしか思えません。



そんなわけで母は超多忙だけど、とりあえずごきげん。
ごきげん状態で子どもを見ると、5人が5人、とにかくいろんな面から最高に素敵で素晴らしいとしか思えない。

​そのままを認める言葉に自然にあふれてしまうんよね。

​そのせいなのかどうなのかはわからないけど、ムスメタチはどんどん自然体で、そしてどんどん私にも自然に優しく接してくれるような気がする〜。


中3次女による、母へのお弁当(⋈◍>◡<◍)。✧♡
​自分のと姉のと私のと。早起きできた日は、作ってくれるの♡
​早起きできなかった時は、母が作ります。ちょろいから、どっちでも大丈夫。


修学旅行の日にも、母にお弁当を作って行ってくれた♡

​作ってもらって、お弁当のパワーって、あらためてすごいって思った!!
ぱかって開けた時の、あの幸せ感なんなんだろう!?
お弁当全部が「だいすきだよ!!」て自分を認めてくれてるみたい。
​私がお弁当作らせてもらう時は、とにかく喜んでいっぱい愛をこめて作ったろって改めて思わせてもらいました!

​しかも、お手がみつき(⋈◍>◡<◍)。✧♡神か!?


そんでね、昨日は、マザーズコーチングやってたら、試験中で長女が帰ってきて。
​長女は朝私が作ったお弁当を食べてたんだけど、母はお昼まだなんだ〜って言ったら、

「お母さん、なんか作ったるわ」

​ってビーフン作ってくれた〜〜\(^o^)/
おねぎまでかけて(≧▽≦)

​なんか、めっちゃうれしかった(⋈◍>◡<◍)。✧♡

​ほらね、なんか、最高に素晴らしいとか言いたくなってきちゃうでしょ。あんなに勝手にふてくされてみんなのこと悪者扱いしてたのに、同じメンバーのストーリーとは思えない。そして、変わったのは、結局、私のコミュニケーション能力なのか?


​私もまだまだコーチングの可能性を日々発見途上中なんですがね。

​これ、大成したらすごいことになる、てついついそんな風に思えちゃいます。


一応サイトをつくってみました☆
Sayuzo Happy Life こどもとえがおですごす

JUGEMテーマ:育児

コーチングライフ comments(0) trackbacks(0)
いちばんよろこんでほしいのは
今日は朝から、大阪で勉強会に行かせてもらって、帰って15分で軽く夕飯を済ませ、夫婦で役員会参加。夜帰ってきて、次女の塾のお迎えに行って、パパの大好きな晩酌タイム♪


に、なあんもおつまみがなかったkyu


​それも、柿ピーすらDocomo_kao20

 
​冷蔵庫の食材も…水菜しかないアセアセ


​で、作ったよ!
iPhoneImage.png
​お土産でもらったオリーブ麺で作った、ペペローンチーノきらきら


「おおおき



て喜んでくれたよヤッタv



​コーチとしての勉強をして、コーチングは人生の中でどういうものなのか、その答えはそれぞれの人の中にあるのだと思うけど、私にとっては、まずは、


すぐそばの人がしあわせになること


なんだと気づいた。

一番に、夫がよろこんでくれること。
子どもたちがよろこんでくれること。
​父、母、義父、義母がよろこんでくれること。
大事な友達がよろこんでくれること。
わたしのかわいい生徒ちゃんたちがよろこんでくれること。
​生徒ちゃんたちの家族、周りの人がよろこんでくれること。
関わってくれるひとすべてがよろこんでくれること。
​大事な人の周りの人がよろこんでくれること。
大事な人の周りの人に関わったひとがよろこんでくれること。


​っていう風に、じわり、じわりと、よろこびの輪が広がっていく。


​そんなんが、私が望んでいることのような気がしました。

 
だから、とにかく、日一日、
 
人と関わるひととき、ひととき
 
大事に、楽しんで
 
目の前にいるひととの時間を味わっていきたい



​大事なひとの笑顔を見るために動いて

そうやって重ねていった日々が

​私の人生になっていくのなら



あたしゃめっちゃしあわせだDocomo80



PS
​神さま、高速料理技を授けてくださってありがとうぴのこ:)
 
☆おうちごはん☆ comments(0) trackbacks(0)
イマドキの学び方、働き方

JUGEMテーマ:育児

今日は、マザーズコーチングベーシックを開講しました。

 

 

もう何度目かの開講になりますが、一回一回に学びがあるので、毎回がとても新鮮顔文字


​今回は、遠方の方だったので、スカイプの予定でしたが、直前でスカイプが使えず、スマホのFacetime機能を使って、2時間お互いその場に共に存在しているかのように深い学びの時間をもつことができましたha-to


​昼には次女が学校の行事の関係で帰宅し、一緒にお昼。

​午後は英語力ブラッシュアップのために、スカイプで英会話。


​文明の利器のおかげで、学びたい時に距離や環境であきらめることなく、学ぶことが、叶う。


優れたコンテンツのシェアや、私自身が役に立てるかもしれない機会を広げられる。


異国の地で生活しているたくさんの人ともオンタイムで語り合うことができる。


未だかつてない、可能性にあふれた時代に、改めて感謝矢印


今の時代だからの苦労もあると思う。
​でも、やっぱり今の時代だからこその利点を活かして感謝できたら、幸せやあkyu


​24時間3歳以下の幼児を常にくっつけていた15年間。
​今でも、育児、家事、仕事で基本家をほとんど出られない。



​でも、私は、自由だDocomo118


大事なものを大事にしながら、ご縁のある方とつながって、視点を増やせるチャンスをいただいている。



​子どもたちのたったひとりの母として、私が大事にしたかった、常に自分を成長させていきたいという願いが叶えられる。



いい時代がきた。
​こんな時代に文句言ってる場合じゃない。



めいっぱいめいっぱい、楽しむよ矢印






 

 

 

コーチングライフ comments(0) trackbacks(0)
音楽は、年の差を超えて♪

 

GW家族7人総お出かけ後編は〜


 

 

家族カラオケゆう★


 

 

みんな、行きますか?
これ、去年のGWに初めて思春期ーずにねだられて一度やったんだけど、すっかり味をしめたようで、年に一度GWの恒例行事にするかのように、四姉妹推し推し矢印
 

長女は、家族でカラオケ行ったって言ったら「その年の差で、何歌うの?!」って驚かれたんだって。

 

 

 

そりゃもうね。


​イマドキのJ−POPSはもちろん!
20170505_170506_0835.jpg
きかんしゃトーマスから…


20170505_170506_0827.jpg
レミゼ!!


幅広い年代、ジャンルをカバーいたしますよ矢印


1〜3号が熱唱するのは想定内でしたが…
18447903_1370973349615435_1867191916_n.jpg
4合5号もなかなかのシャウトっぷり。


​ハハがChoo Choo Trainを歌えば…



18386881_1370955002950603_589029208_n.jpg
​素晴らしいチームワークで回りだす5人組(・∀・)○(・∀・)○(・∀・)○(・∀・)○(・∀・)○


3時間半、ノンストップで歌い踊り続けましたゆう★



なんか…
君たち見てて…



5人寄れば文殊の杖ちゅん


とか、思っちゃったよ。

18035765_1370973362948767_125297267_n.jpg
​たまには思いっきり遊ぶのも、ええもんだハート


​大家族、旅行はなかなか行けないんだけど、めーっちゃ遊びきった一日でした♪


 

 

 

 

こどもと楽しむ comments(0) trackbacks(0)
教師力×親力=∞

JUGEMテーマ:育児

GWのある日、ポストに届いた一通の手紙。

 
今年の3月で、小学校卒業と共にうちの教室を卒業した生徒ちゃんから。
そこには、見慣れた字で、いっぱいいっぱい、わたしを認めてくれる言葉が並んでた。
まだ小学校を卒業したばかりで、こんな表現ができるのかと、感心するやら感動するやら。

 
4歳になったばかりの、ほんとにちっちゃいちっちゃい頃から8年間。
二つ隣の市から、30分以上かけて通ってくれた。
他の習い事や、いろんな都合、通えなくなる理由はいくらでもあったのに。
それでも、通いたい気持ちを優先して、毎週笑顔を見せてくれた。

 
生徒ちゃんとのお別れは、本当に寂しいもので。
毎週当然のように会えていた笑顔と、会えなくなるのは、本当にさみしい。
うちの教室は、ずっと募集をかけないまま、10年。
一度入った生徒が、ほとんどやめない。
その分、やめるというとすごくさみしくなる。
最初はお別れが辛すぎて、逆にこの仕事むいてないんじゃないかと悩むくらい。

でも、ある時、決めた。
​いつか必ずくるお別れの日に、私は悔いなくやれるだけのことをやったと言えるような仕事をしよう、と。
​だから、自信をもって、笑顔で送り出す。限られた時間を精一杯向き合ったと胸をはって。どこに行っても通用する何かを持って卒業してもらえるように。最後の一回のレッスンまで、心をかける。


​そうして向き合ってきた生徒とは、卒業は、決してお別れじゃないと感じる。
卒業した後も、こんなに感動や喜びをくれるのか、という思いを何度もしてきている。そして、何らかの形でつながっていく。その度また、感動をもらえる。


​子どもたちから嬉しい言葉をもらう時、私は、本当にそんなにいい先生であるという自信はない。でもきっと、私の足りない部分よりも、私にある部分にたくさん目を向けて、それをめいっぱいで認めてくださるお父さんお母さんのご意見が、子どもにとって何より大きいことがわかる。子どもたちにとって、何よりもの真実が、やっぱり親。あまりにも未熟だった新米のころから、とにかく私の選択を信じぬいて協力、フォローしてくれた。私が一番子どもに伝えたかったことを心から理解してくれた。その思いに是非応えられる教師でありたいと努力した。教師力×親力の力は、無限大。子どもは、そこをしっかり感じ取る。
​彼女は、これ以上ない英語力の土台を持って中学生になったし、それ以上にたくさん学んでくれた。


​卒業生から「きっと人生たのしむので見ていてください!」「英語以外にも大事なことを教えてもらった」と言ってもらえる時、教師冥利に尽きるってこういうことを言うのかな、と思う。一緒に過ごしている時間で十分すぎるほどたくさんご褒美をもらったのに、お別れしてからももらえるなんて、なんて贅沢な仕事なんやろう。



​一度私の生徒だった子は、一生私の生徒だから。
​毎週会えなくなったけど、超強力ラブパワーで応援してるからね。


​たからものをいっぱい、ありがとうね。


 
英語DE寺子屋 comments(0) trackbacks(0)
オチつき!!GWお出かけ☆

GW家族お出かけ!!
​全員揃うのは貴重なので、奇跡的に揃ったお出かけ日どこ行くどこ行く??とワックワク。


​行きの車の中で、「5人でやりたかったこと」を達成。snowの5色ネズミらしい(≧▽≦)


お目当ての公園に着きましたら…


20170505_170506_0597.jpg
絶景!!!


20170505_170506_0037.jpg
​お父さんが駐車場に並んでくれている間に、おにぎり食べて、大繩で遊んで。


20170505_170506_0169.jpg
アスレチックへGO!!

20170505_170506_0309.jpg
タロウくんもたくましくなったね!


20170505_170506_0349.jpg
​保護者のような姉たちにサポートされながら、がんばってました。

20170505_170507_0867.jpg

​ねーちゃんは、山のような課題の一部持参し、アスレ中に進めつつ…


20170505_170506_0617.jpg
​5人力合わせて、クリア!!



20170505_170506_0588.jpg
雲一つない空と噴水に癒され…


20170505_170506_0375.jpg
トンネルの先には何があるのかな?!ワクワクするね♪


20170505_170506_0370.jpg
​巨大滑り台があったり!!

20170505_170506_0564.jpg
​アジサイにうっとりしたりしていたのですが…


​その時!


事件は起こった!!


​どっぽん!!!アセアセ


​て音がしてね。ふりむいたら…


タロウが池におちてたよ!!0口0

あまりにマンガすぎて、大笑いする姉四人とチチハハ。
あまりに驚いて唖然としている見ていたカップルさん。

でも、不思議だなあと思ったんよね。
​二階リビングでも、赤ちゃんの頃から階段から落ちたことのないタロウ。
​結構慎重派で、いつも段差をしっかり認識してるのに…気づかなかった?

でも、唯一の目撃者、四女が言うには


「タロウくんは、ジャンプしてたよ!」


ジャンプ?!そうなの??タロウくん?!なんで、池にジャンプしたの?!

20170505_170506_0560.jpg
「くさ かとおもったんや・・・」


​池の表面にはっている藻が、草やとおもったんやってkyu
​全身びしょぬれ、藻だらけ、くちゃいくちゃい。
もう、おっかしくて、みんな大笑い。

​本人は、水やったんや!!と気づいた瞬間、


ワニがいたらどうしよう!!!


​と思い、必死で陸にあがったらしい。
みんな大笑いでびしょぬれタロウをふきました。

20170505_170506_0530.jpg
いつになくやさしくおねえちゃんになってしまった四女。

20170505_170506_0692.jpg
​長女の腰に巻いていたデニムシャツを着て、お父ちゃんの肩車にて車まで。


オチつきの一日。
​でも、四姉妹にはまだ「野望」があったのです…

今日はまだ、これだけでは終わらなかった!!
後編につづく。

JUGEMテーマ:育児 ゴールデンウィーク、ご予定は?
 
こどもと楽しむ comments(0) trackbacks(0)
明確な目標設定とプロセス

​GWの毎年恒例仕事のひとつは、年間スケジュールを立てることです。

​10クラス分、年間の休みや発表会への取り組みの計画、試験やレッスン内の細かい宿題など、毎年教材片手に時間をかけて作成します。

​10年間、妊娠&出産を繰り返し、小さい子がいるという理由で募集をせずに、こじんまりと教室経営をしてきました。5児の母業と教室業と、どうやって両立させたの?と驚かれますが、教室の詳細を知れば知るほど驚かれます。どうやって、この限られた時間で、あの立派な発表会を創り、さらに成果をも出させてきたの?!と。

私は、その理由の一つが、この綿密な「計画」だと思っています。

​時間をかけて、詳細まで、計画を立てる。

そして、確実に、それをこなしていく。

​私は、生徒たちがそれをこなしていけるように、励ましたり、盛り上げたり、元気づけたりしますが、実際やるのは生徒たち。そして、できるだけこなすことができるように、生徒一人一人の状況をなるべくつかむようにして、その子がその壁を乗り越えるために必要なものを見極めたいと思っています。


そうやって、確実にそれをこなしたら


必ず、結果につながっていく。


人はそれぞれちがった特質を持っているし、人として育っていく心が一番大事なので、結果ばかりに目をとられて大事なことを見落とさないように、

日々気をつけながら、

みんなの顔を思い浮かべながら、

毎年、つくっています。


​コーチングが少しだけわかってきた今年の私が毎年のこの作業をしながら思ったこと。


「そうか。人生も、ゴールが明確で、その過程がこんなにも詳細まで明確で、そしてそれをこなしていくことができたら…


必ず、結果につながる。


夢が叶う、てそういうことか!!

て思ったよ。

​課題に追われる高校生に、どうか時間をかけて、将来の目標設定とその過程を明確にさせる作業に時間をとらせてほしい。子育てに日々翻弄されているかのように感じるお母さんたちに、将来の目標設定をじっくり思考できる時間をとらせてあげてほしい。目の前の仕事に追われるお父さんたちも、どこに向かっているか迷うようならその時間をとることがきっと必要かもしれない。


私は、認定コーチの資格をとって、私がひょっとして必要としている人の力になれるかもしれない、そんなチャンスをもらえたことが本当に嬉しいきらきら


​まだまだまだまだ、これからだけど、とにかく、一歩一歩、目の前の大事な人たちに、私にできる小さなことをしていくだけ。どんなにできることは小さくても、役に立ちたい気持ちは、100%こめて。


出逢ってくれた、感謝をこめて。

 
英語DE寺子屋 comments(0) trackbacks(0)
たけのこ
採りたてのタケノコをたくさんいただきまして。
ダンナさんが、すぐにヌカを買ってきてくれて下茹でをその晩に済ませてくれたので、私はその週3種のお料理にタケノコを変身させるだけで、家族みんなでタケノコを堪能しましたヤッタv
初日は、やっぱりこれだよね〜。
タケノコをストレートに楽しみたいよね。
家族全員、ぺろりん。


次の日は、たけのこごはんにしたよゆう★
ニッポン人でよかった〜〜きらきらって一品やね。
写真はないけど、3日目は中華丼の具にいれましたきゃvネコ

私ね、皮つきのたけのこを見ると、母のこと思い出すんです。
皮つきのたけのこなんてね、小さい頃ほとんど見ることなくて。

ある日、どなたかが「採れたので」と、くださって、

​私、あのかった〜い皮ついてるタケノコみて、これ、どうやってあの食べられる形にもっていくんやろ??と思いながら、母に渡したのね。


母は「わあ〜きうれしい」って言って、


なんだか、お鍋でぐつぐつ煮て


​私の知ってるタケノコの顔に変身させて、おかずとして食卓に並べた。


その時私、「すごいな」って心から思ったのね。
​母を一番尊敬!!って思った瞬間って、その時かなっていうくらい覚えてるの。

「これ、食べられるん??」って思うものを、何でもない顔して変身させた。

それが、私にとって「母親業のプロ技」を象徴したものに見えたんよね。


今は、クックパッドとかインターネットですぐに情報手に入るからね。
その時は、自分の中にある知識がすべてだったから。
​子どもが親を尊敬する瞬間ってどこにあるかわからないなあって思います。


​マザーズコーチング、ありがたいことに沢山学びの機会をいただいていますき
​私は自分の使命くらい考えているこの仕事なんやけど、本当に一緒に学べば学ぶほど、お一人お一人から私が学ばせていただくことが多い。毎回、感動と学びにあふれていて、とっても楽しみやし、宝物をたくさんいただいている気持ちですきらきら


​そしてやればやるほど、人間にとって母親の存在が、どれだけ大きいのか。
それは、いくつになっても、どんな場所にいても、よくも、わるくも。
​子どもにとって、お母さんの存在の大きさ。
お母さんの一言。
​お母さんの生きる姿勢。


その、重要さを感じずにいられません。


​こどもとすごす時間は、かぎられたもの。
​このひとときを、大切に、もったいなく、ありがたがって。

​こんな気持ちで過ごさせてもらえることに、感謝ですハート

これぞニッポンのごはんやろ〜顔文字
ワイワイみんなでたべる時間も、限られた大事な時間。

JUGEMテーマ:育児
☆おうちごはん☆ comments(0) trackbacks(0)
5児母なマイニチ。
4歳児〜高2の5児母なマイニチ。


今日は、いつもの中高生に加えて、小学生二人が遠足で、お弁当は4人分。
それぞれ起きる時間がちがうので一応書いておいてもらいます。
(わが家では頼りない母には頼らず基本自分で起きることになっていますが、一応書いておくときゃ〜という時起こしてもらえるかもしれません←早起きの父に)


高2長女はチア部のクライマックス。先輩と最後の舞台なので早朝出で気合入ってます。毛先クルクルとガッチリ固めて仕上げのお手伝い。カワイイ(⋈◍>◡<◍)。✧♡
 
4歳児タロウは、今日は「グリンピースのさやとり」があるらしく、早めの登園。2回分の洗濯物、家じゅうの掃除機、洗い物、レッスン準備高速で済ませ、タロウをばあばにお願いして、長女のクライマックスを観にホールへ。
勉強、部活、やりたいこと。時間のやりくりの狭間で、倒れそうになりながらも、夢中になれる!!を追いかけた長女の舞台。とっても、まぶしかった〜(≧▽≦) 青春ていいねヤッタv

iPhoneImage.png
小学校役員、中学校、高校の部活とクラスも一緒のご縁をいただいた素敵なママと語り合うランチ時間。感謝きらきら
レッスン40分前に帰宅。洗濯物とりこみと子どもたちへの「おかえりノート」、おやつ準備。
満面の笑みで遠足から帰ってきた四女の右上に、春のおみやげがクローバー


空のお弁当をひらくと、お手がみつきゆう★

ここから、小5,6年生ちーむレッスン。
​4月からさらに仕切りなおして、内容もかなりがっつりしてるんだけど、みんな本当にがんばってるし、笑顔もいいヤッタv
ついつい

「ゆう〜しゅう〜〜〜で〜〜〜すヤッタv
 
ていうたわ。ほんまにみんながんばってる(≧▽≦)

​そしてそのあとは、次女含む中3受験生ちーむ。
ちっちゃい頃からいろんな時をずっと一緒にやってきた6人組。いろんな時があったけど、最近特に明るくて楽しそうハートだから、私もみんなとの時間がとっても楽しいきらきら今年一年またどんな成長を見せてくれるのかな。

​レッスン終わったら、三女がうれしそうに大切なハムスターを持ってやってきて、自慢のハムくん(ハムじろう)について語り合い、あそぶ。

タロウの保育所ノートに目を通し、本人にどうやった?ときき

​「ぐりんぴーす、おはしだけでたべたし!」
 
という彼の小さな自尊心を全身で承認。


​お風呂は今日は、次女の日です。もうすぐ修学旅行ということから、ハハの修学旅行ネタの話に。

 
コミュニケーションスキルを学ぶと、人と関わるすべてが輝く。いろんな人と関わる瞬間瞬間が輝いていく。そんな時間が続くと、毎日が輝く。そんな日が続くと、人生が輝くき

 
ってことかあ。

​今日も、目まぐるしくも楽しい一日でしたきらきら
こどもと楽しむ comments(0) trackbacks(0)
| 1/187 | >>