高1、中2、小5、小1の4姉妹と、3歳のボクちん。日一日、ごきげんにたいせつに過ごしたい、Sayuzoマイニチ。
暑さで私もPCもやられてヘロヘロの中のタロウの偉業?
暑さと諸々に翻弄される夏休み。
相棒のPCまで暑さにやられ、仕事が進まずストレス〜T^T

注文したPCの発送が無連絡で遅延してさらにストレス〜〜(>人<;)

オーダークレームをしてリビングにかえってきたら、、、




やっとしまったはずのプラレールの線路が(゚o゚;;

タロウ氏、寝てなかったのか(°_°)



でも、あの全部の線路が出てるようには見えないけど、、、と思ったら、洗面所に向けて始まる線路。



♪せ〜んろはつづく〜よ〜〜♪




♪ど〜こま〜で〜も〜〜♪



まさか、、、




そこまで続いていたとは。




全貌。


ちょっと前まで「つくってよお〜」とか言ってたのに、いつのまに自分でここまでできるようになったんやろ。

寝る前にどっと疲れるけど、ちょっと感動。




ちっとドヤ顔?


アップしよかなってくらいだけちょっと元気になったわ。
子ども観察 comments(1) trackbacks(0)
信念


リビングの壁に張り紙が。
やっぱり四女のお医者さん願望はアンパンマン願望から来てるように思えてならない。
(みんなきてね?どこに?)
子ども観察 comments(0) trackbacks(0)
♡お豆腐みたらしパフェ♡

 

今日は、長女の創立記念日ということで、ランチくらい行けるかなと空けておいたら、

昨日四女が38.8のお熱で保健室お迎えでお休み。
試験前で遊びにも行けず部屋にこもって頑張る長女にせめてちょっとご褒美スイーツを♡

 

 

「お豆腐みたらしパフェ♡」

 

 

私にしては手がかかってるので、ちょっと贅沢スイーツ。
ついでに、


*お熱の四女にプリンを買ってきたので、長女用豆乳プリン
*バニラ、抹茶、チョコ味の豆腐アイス
*週末の誕生日会のための豆腐ガトーショコラ

 

と作りまくって気づいたけど

 

 

お豆腐ってすごいな(≧∇≦)

 

 

我が家のスイーツのメインは、ひたすら豆腐と豆乳でした!!
http://cookpad.com/recipe/3952838

 

 

「ナミダ出そう〜〜〜!!」

 


てくらい、喜んでくれたよん♡
思春期ムスメのその言葉に母、大満足♡

 

 

JUGEMテーマ:健康

☆おうちごはん☆ comments(0) trackbacks(0)
一年生の脳が動く遊びかた。

JUGEMテーマ:育児

四女、小1。
学校終わって帰って来たらおねえたちもタロウもいないというひとり時間があったりする。最近はその時間、何やら忙しそうにしてるなあと思ったら


「できた〜*(^o^)/*」



「おかあさんかいだんのところから、はじめて〜(≧∇≦)」


と言いながら跳ねる。



かいだんのところ?




あっ!


 

「いつものぴあののいちばんたかいどうおひいてみて」

 

たかい どう お

 

きゅきゅきゅー(≧∇≦)

 

こういうんハマる。

 

さてさてどこかな?(いつものぴあの?)

 

あっ!


 

「つらくないけどね

おかあさんがいつもねているへやのべどのしろいかべのどこかにあるよ」


 

つらくない?なにが?


 

おっと!見つけたぜ!!


 

「もののぎたーのうしろにあるよ」

 

もののぎたー?


 

ぎたーならここに…


 

あっ!!


 

「あかるいおかあさんのへやにある ひんと(しろいとこ)」

 

あかるいおかあさん?

あかるい(おかあさんの)へや??

 

ここのことかな?



 

あったあった!

 

「リバティプリントでくるこどものふくのほんのみぎがはにはさまてる」


 

いろいろ考えるねえ…

 

これのことやね?

 

あっ!!

 

「がらがらてゆうせんたくもののちかくのおおきいあみどのかあてんについてる」


 

せんたくものってガラガラいうんやったかなあ

 

ああっ!!

 

「といれでまんがあるところのどこかにあるよ」

 

ここにはいってる!!

 

「うさぎのいろはぴんくだよね

だからからだあらうたおるのピンクいろにはさまてる なにかが」

 

はさまってたぞ!!

 

やっとたどりついたぜ!!


 

らぶれた〜♡

(おかあさん何もらったら一番うれしい?と何度もきかれていて、

「のあちゃんのお手紙と絵かなあ」と言っていたので、そのとおり入っている)


 

絵は相変わらずスピード書きしたようですが(^^ゞ

 

 

 

脳の勉強をした私はわかります。

このあそびで、四女の脳がブルブル震えて喜んでいたと。

何もないときに始まる、こういうあそびこそが、何よりもの学びであると。

 

習い事や、ゲーム、テレビ、スマホ、スポーツ少年団。

 

全部わるいことじゃない。

 

でも、子ども達の脳が自由に動く時間は守らないといけない。

時間はそれぞれに平等に決まっているから

忙しい子どもは、必然的に自由時間が奪われる。

 

その時に、親は忘れてはいけない。

忙しいことで「ヒマな時間」が減ったとき

子どもたちは「主体的に脳を動かす時間」を奪われたこと。

 

子ども自身の本質、強みを見極めるための

「自分がそのままの状態で夢中にとりくみたくなるもの」

を探る時間を奪われたこと。

 

勉強や成果を出す子にあってそうじゃない子にないはっきりしたものを2つあげるなら

 

 

「聴く力」

「主体的に考える力」

 

 

の2点だ。

「聴く力」がある子が間違いなく伸びる。

それと、「主体的に考える力」。

この2点は親が気をつけて環境を整えておく必要があると思う。

 

 

あ、だから私は四女の書き方をなおさないのか。

そこに時間を使うことで、彼女の脳がフリーになる貴重な時間を奪う意味を見い出せないということか。

 

 

「おかあさん、それだけじゃないで」

 

 

ん?

 

 

「ぜんぶならべてみて」


 

 

 

「い つ も あ り が と う」

 

 

 

 

子ども観察 comments(2) trackbacks(0)
四女に「かきかた」を習わせません。
四女、6歳、小学一年生。

とうとう、学校でひらがなを習い始めました(^^)

今までもなんやら書いてましたが、いよいよ彼女のレポート魂に火がついてはります。

先日の潮干狩り後のあさりレポート。


保育園児が謎のひらがなを書いてるのは当たり前やと思ってましたが、そういえば最近ふと気づいたのですが、、、



四女、字きちゃな!



いやいや小学一年生、そんなもの。
と思ったけど、英語の生徒ちゃんたちもみんなとっても上手な子が多い。


アルファベットもこんな調子で、線に合わせて書く気などひとつもありません(^^;;


一年生の先生はひらがなのかきかたにとても丁寧で、特に厳しいと聞いたのでテストプリントを見てみたら、ことごとくテスト理解の内容ではなく、名前をなおされていました。


そりゃあ、あの字やったら、なおされるわ(^^;;




でも。



四女の書くスピード、すーっごく速い!
アルファベットも超スピード。書きながらリスニングしてても聴き取りも正確です。

読むのも速い。
保育園児の頃から、初めての本もナチュラルスピードで読み聞かせしてくれました。


今も、お姉ちゃんずがびっくりするような3,4年生の借りてくる本をナチュラルスピードで声に出して読んではります。


学校から帰って何か見つけたら、猛スピードで作成し出します。



このノートにはびっしり何かが書かれてます。字がきちゃないので解読不明なのも多々。



教室のホワイトボードにも何かきちゃない字で書かれてます。



何かを見つける、ひらめく、つくる、使う、壊すのスピードがめちゃくちゃ速いので記録が追いつきません(^^;;


女の子なんだし、丁寧にきちんと字を書くようにというのもないこともないんだけど、、、



やっぱり、見守ろう。

なんか、あのスピードは止めちゃいけない気がするんだよね。

まあこれはなんか、勝手な勘みたいなものだけど。

止めちゃいけないものは、止めちゃいけないんちゃうかなと思うんよね。

いや、ただの速いだけの不正確な人になるのかもしれないんだけど(^^;;



走り書きレポートの中に、こんなの書かれてたりするし、何でも理想的であることないよね。



英語の先生&母は、これからもあなたの字をなおさず、



じょうず〜(o^^o)



て丸つけていくわね。



子ども観察 comments(0) trackbacks(0)
そしたらおおきくなられへんからなぁ



タロウ、3歳、ぱんだ組。


朝、目覚めると、先に起きていた母を呼ぶ。行くと、絡みついて、転がる。


こぐまみたい。


くっついて転がりながら、


「ずーっとずーっと、こうしていたいなぁ」


と、タロウ。


ハハ「そうだねぇ。」


そりゃ、シアワセだねぇ、、、



タロウ「でも、そしたらほいくしょいかれへんなぁ」



ハハ「そうだねぇ」



タロウ「そしたらあさごはんもたべられへんしなぁ」



ハハ「そうだねぇ」



タロウ「そしたらおおきくなられへんしなぁ」



ハハ「...そうだねぇ」



タロウ「・・・そしたらおきよっか!」



なんか、先を見せられた気がしたよ。
いつまでもこうしてベタベタしていたいよ、でも、そしたら大きくなられへんのやね、


はい、必ず、子離れしますからね。


あまりに、今の君はかわいくて、


そんな全身で母を大切にしてくれて、


でも、巣立っていくね。

きっと、あっというまにね。



母業って


そういうものね




ps
写真はここ2日タロウが一緒に寝てる亀。電車から初めて生き物に。
JUGEMテーマ:育児
子ども観察 comments(4) trackbacks(0)
黒リネン作品4種
とにかく断捨離?ミニマリズム?こんまりさん?なんでもいいので、おかたづけ中。
1月後半からスタートして、3月4月多忙過ぎたけど、じわじわ続けてまたがんばってます。

洋服もカバンもかなり整理したので、「ほしいもの」が明確化。
黒のリネン2メートルを注文したら、あまりにも思い通りの生地で、テンションあがりました(≧∇≦)

まず最初にいるのは、黒のシンプルバッグ。
入学式、卒業式。小さなフォーマルバッグには入らないもの、結構あるんですよね〜
いつもこんなのがカバンに入ってたら助かるのに〜と思ってたので、作りました。


何がいいって、


小さくなる。

最近気づいたけど、エコバックって、小さくなるために別のグッズがついてちゃダメ。
チャックとかカバンとか。その分重くなるし、かさばる。たたみ方が難しいと子どもたち、できない。
ただシンプルにたたむくらいがいいみたい。


こっちは肩からかけるトート型。
いい感じのリネンだから、このまま仕事の研修にも行けるし〜いらない時はたたんで小さくなるし、どんな服にも合いそう!かばん自体にほとんど重さがない。




ひとつにつき40分という時間配分で作りました。持っていたかばんを参考に。
そして翌日。
もう1メートル余っていたので・・・



「あの生地でらくちんおうちガウチョ作ったら気持ちよさそうだなあ〜〜〜〜」



と思い





作った〜!!


あまりに楽チンで、きこごちがよくて、かわいかったので・・・



おうちじゃなくても、いけちゃう?




いけちゃう??

なあんて。妄想コーデをし。

あとちょっと余った布で・・・




ミニトート♪いつものグッズだけが入る。もちろん、大きいバッグもたたんでいれておけば、荷物が増えても大丈夫。



シンプルなので、手持ちの帽子になんでも合う♪



コーデが楽チン♪
こちらの2点は合わせて75分の時間配分で作成♪


黒リネン2Mで4点。だいま〜んぞくの高速裁縫でした(≧∇≦)


よし、これでまた断捨離できるぞ♪
1IN1OUT。


モノの少ないシンプル快適ライフ目指して、ゆっくり歩み中〜〜
高速裁縫 comments(0) trackbacks(0)
たまらん



残っていたおみかんがたべたくて、保育所に行く準備を全部済ませてやっとありついたタロウ。


うれしそうに手にしてたと思ったら



「は〜っぴばーすで〜おか〜しゃ〜〜ん
 は〜っぴば〜すで〜おか〜しゃ〜ん
 は〜っぴば〜すで〜〜やさしいおか〜しゃ〜〜ん
 は〜っぴば〜すで〜〜おか〜しゃ〜〜〜〜〜〜ん♡」




と歌いながら、おみかん半分くれた(≧∇≦)

なんか、3歳男児のやさしさ、まいるんやけど。
3歳児ながらに、オトコらしさ見せようとかするんやけど。

タロウの口ぐせは


「おかあしゃん、タロウがまもったるからな」




ただ寝ぼけてるのか、意識的なのか?わからないんだけど、
旦那さんが出張の日、2日連続で夜中に起きて部屋のドアをすべてしめて、

ドア側に寝て、

「おかあしゃん まもったる」

いうて、一応なんだか悪者から守ってくれてるような格好で寝てました。
まあ、いうてもちっこいので、虫(タロウ)が止まり木(ハハ)にとまってるみたいな感じやったけどね。


3歳児ながらに、オトコっぷりを見せちゃったりするんだね〜。
5人目にして初の男子育て、発見すぎて日々驚きです。





あ、ちなみに ・・・

ぜんぜん誕生日ではないけどね?
子ども観察 comments(2) trackbacks(0)
おかあさんの人生、子どもいなかったら結構ヒマやん
13152674_1052069258172514_1727155260_n.jpg

「子どもを産まない人生を望んでいた」という女優さんの発言を受けて、いろいろ世の中の
意見が出ている、という話を長女や次女の思春期ズとしてみた。

 人生の選択を行うのは自分、その選択の責任を持つのも自分だと思えば、人や周りがなんと
言おうと、自分の選択に自信を持っていくことかなあと思う。

 オトナになると、自分が思うことをはっきり表現することもなかなか難しいようだけど
中高生のホンネは?


「仕事や趣味もいいけどやっぱり一番は子ども産んで育てたいかなあ」



もはや私の意見など耳を貸さない思春期たちですから、そういう意見は本当に自分のものなんだろうね。



「おかあさんとか、子どもがいない人生なんて想像できる?!」



そりゃ5人も巻きつけた私の日常を見ていて想像できないのはそっちのほうでしょ!


「あたしらがいなかったら… ヒマ!とはいわんけど…
おかあさんのことやからまあなんかしとうかもしれんけど…
言うたら悪いかもしれんけど…
でもやっぱ、なんか、おかあさん的におもろくないやろ〜〜〜!?」


なんだそのコメントは。
あたしらがいなかったら ヒマ?!
つまりあなたたちが私の人生の時間をたくさんお使いになってるのですよね!


はい、そうですよ♡
何度いってもきかないあなたの脱ぎ捨てた靴下を拾っているのですよ
つくってもつくっても消えてなくなるごはんを毎日作りまくっているのですよ
勝手にあなたたちが喜ぶかと思うことを考えては行っているのですよ
思春期の愚痴に耳を傾けたり、生意気な態度とやりあったり、
まだまだ母をとりあってくれるちっちゃいズを仲介したり
小学生の旗当番に何年間も行き続けたり
大量の洗濯物を何回も回して干してとりいれて


それが私の日常の大半ですから、子どもがいなかったら、そりゃ私の人生入れ替わるわ。


「おかあさんの人生子どもなかったらひまやん」

とりようによっては、ネガティブにとれるかもしれないけど…


40になったせいか、なんだか、これは不思議な感覚で


「はっはっは〜私はちゃんと子どもの方を向いてるおかあさんとしてうつっているのだな」


という、変な満足感が生まれてしまった。


まっ
子どもを持つ前の私を知ってる人ならわかってもらえると思うけど


ひまなものかあ〜〜〜!!!!

私は別名「人間おもちゃ箱」やぞ!!
いつでも楽しいことおもろいことワクワクすること探して一人ギラギラして
後先考えずにやってみて、さらにもっともっとやってみたくなって…


走ってなければ死んでしまうんだ!!!


みたいなひとなんやで、おかあさんというひとは。
そんな私の本性が子どもたちにバレていないなんて…


わたしも、ハハとして、がんばってるや〜ん♡


と、思ってしまったわ。

今日ちょうど、スカイプ英会話していてフィリピンの女の子に
「若い頃の夢を教えてもらってもいいかしら」と言われて 改めて考えたら


「思い出した!私の一番の大きな夢は、母になることだったわ」


「だから、私の夢は叶ったんだわ」


と言ったら、「今の自分をそんなに肯定できるのはすごいこと」と感動された。

「子どもを望まない人生」発言で、子どもを世間体のために持ったけど、この人生で
よかったのかと思うという人の意見もあったし、キャリアのために子どもを産む機会を
逃したけど後悔しているという意見もあったけど

 どの人生を選択したとしても、その責任と覚悟を持って、周りの言葉や環境に惑わされず
自分の生き方を生き貫くことかなあと思う。

 そりゃあどの道を選んでも、そんなにいいことばかりでもないだろうし、悪いことばかり
でもないはず。


 
 ちなみに、私の野望はとどまるところを知らないので、まだまだいろいろやりたい!!欲
はたっぷりあるよ。いつも、欲しいのは時間。でも、自分で選んで、夢見て夢見て叶った
5児ハハだから。


 限りある時間を、楽しみ尽くすよ♡


ほんとに、ひとりひとりおもろすぎて愛おしすぎて、忙しいわ。
気づいたら野望は全て叶わず、君たちに振り回されておばあさんになってるかもやわ。


 まあでも、それも、自分で選んだことやから。


 
 奇跡の出逢いに、感謝するよ。



PS
写真は、今年の母の日に5人からもらったお花。
お花はもちろんだけど、ひとりひとりからもらったお手紙嬉しかった〜♡
何度も何度も読み直してもた。
せんきゅう、何物にも変えられないタカラモノたち。

 
JUGEMテーマ:育児









 
こどもと楽しむ comments(2) trackbacks(0)
10キロ
JUGEMテーマ:育児

スーパーでカゴをもって並んでいたら、前のおばちゃんが「重そうね」と
場所をあけてくれはった。

「重そうなん、入ってる」

イカナゴ稚魚1キロ×3個。

「あんたはんが炊きはんの」
「ムスメタチが大好きで、もうペロリなんです」

と、季節の会話。播州では、今の時期の風物詩です。


初めて炊いたのは、15年前。
はちきれそうなお腹で、長女の誕生を今か今かと待って。
よくわからなくて、ザクザクと混ぜてしまって、ボロボロになった1回目。


その後の15年間、いつも忙しく過ごしていた3月だったけど

覚えてるのは、長女の喘息を心配しながら炊いたこと
長男がいつ出てくるのかもどかしく感じながら炊いたこと

今年は、その長女の入試の日
発表の日

予定を入れるわけにもいかなくて

でも何をするわけにもいかなくて

だから、無心にいかなごを炊いていた。


だいぶ育ってきちゃったイカナゴを今日見つけてもう3キロ。

今年はこれで10キロ目。


いろんな思いの中で炊いたイカナゴの釘煮。

子どもたちがすごい勢いで食べる。




なんでもないそんな日が、ふりかえればきっと最高の日々になる。
 
Check
☆おうちごはん☆ comments(0) trackbacks(0)
| 1/183 | >>